本当の意味のネットビジネスが始まるか

utablogで
マイクロソフト、日本で音楽配信参入、そしてAMAZONも・・・を読む。Amazonも音楽のネット配信を検討中の記事。AppleだけでなくMSとか皆参入していますね。

ネットで直接商品を届けられるのはデジタルコンテンツですから、行き着くところへ行き着く訳ですね。インターネットを始めた時から、考えられていた形態です。音楽のほかにはデジタル書籍、情報が考えられる。

以前ニュースで知ったTidbitsのTake Controlというマック系のデジタル書籍(?記事)を、昨夜ついに買ってしまった。 http://www.tidbits.com/takecontrol/jp/default.html
マックのPanther関連の書籍を幾つか売っている。驚くことに日本語も少しある。女房がPantherなのでカスタマイズの書籍を買った。


簡単でした。購入のボタンを押すと、eSellerateというサイトへ飛んで行き、お決まりの住所氏名、クレジットカード情報の入力で、少々待つとオーソライズ完了で、ダウンロード画面へ。
ダウンロードも大した時間は掛からず、63ページ、7.50ドルで906円でした。
メールでも知らせが来ていました。再度ダウンロードも出来るようです。まあ1000円程度ですから試すには丁度いい金額です。


こんな仕掛けが個人でも使えるようになれば、小説家とか音楽演奏家とか、趣味の個人のチャンス広がるのかな。

日刊ベリタでは新聞記事も30円とか50円で売っているから、新聞も変わるかな。
http://www.nikkanberita.com/

Tidbitsの書籍の内容は未だ見ていませんが、面白い世の中になってきました。

(追記:2004/10/13 15:05)
こんなことを書いたとたんに、
ヴァージンからiPodに挑戦状--重さ90gの音楽プレイヤー、5GBのHDD搭載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041013-00000003-cnet-sci
なんていう記事がありました。ますます面白くなってきた。
[PR]
by maida01 | 2004-10-13 12:38 | これからのビジネスとIT
<< 高瀬アキと三宅榛名が面白かった... 10/10 Heinz Gei... >>