IBMがパソコン撤退

東京新聞一面に”IBM、パソコン撤退へ”とある。
”パソコン部門を中国パソコンメーカー最大手聯想グループへ売却”するそうです。

つい先日ガートナーが
”PC市場に新たな淘汰の波--ガ ートナー、2006年以降の成長 減速を予測”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041130-00000003-cnet-sci
で、
世界のPCメーカー上位10社のうち、多ければ3社が2007年までに市場から淘汰される可能性がある。

と予測したばかりなのに、いきなりの大ニュースです。

今(12/4 11:45)、テレビのニュースでも報道していました。

1981年に現在のPCを始めたのはIBMなのに。パソコンは薄利多売ですからIBMには合わない商品なのでしょうね。

1990年にタイプライタービジネスを売ったときも大きな衝撃でした。タイプライターはIBMの初めのビジネスだったのに、売却してしまいました。

この辺の話もあとで追加しよう。

参考記事:
IBMがPC事業売却で数社と交渉中 - 米NY Times報道
http://kush.typepad.com/blog/2004/12/ibmpc_ny_times.html

IBM、PC事業の売却を検討
http://sw.cocolog-nifty.com/swmemo/2004/12/ibmpc.html
[PR]
by maida01 | 2004-12-04 12:01 | これからのビジネスとIT
<< レイ・チャールズのクリスマスソング 韓国からなの? >>