離れ住む人

昨夜、やっとミシガン州デトロイト近郊に住む叔母に電話した。
年に数回、元気かと電話をする。今回は新年の電話。

昔は頻繁にアメリカへの出張したので、近くへ行く時は寄り、
行けないときでも電話していた。

今は、全く出張がないので、実際に合うことは難しい。

50年くらい前に、アメリカ人と結婚し、アメリカで
アメリカ人となってしまった叔母。
子供もいないので、一人で暮している。
今月で73歳になる。

アメリカ風の強い叔母だが、年には勝てないようで、
1時間ほどデトロイトの空港までへも、
一人で車では行けないようだ。

近所の知合いは助けてくれるようだ。
でも、その人々を知らないし、本当に親しいようではない。

何かあった時に、連絡してくれるようなサービスはないだろうか。
これだけ、IT/通信が発達しているので、”離れ住む人”に何かあった場合に、
知らせてくれるだけで良い。
[PR]
by maida01 | 2005-01-09 10:11 | これからのビジネスとIT
<< カレーの本と地元 津波:被災者救援でブログが大活躍 >>