原田依幸

ドクトル梅津バンド(DUB)

n_ayadaさんからコメントを頂き、生活向上委員会も書くべきバンドだと思いました。
しかし、残念ながら私は生活向上委員会を生で聞いていません。阿部薫と生向委は当時も凄いバンドだとの噂は聞いていましたが、東京の反対側で私の聞きに行けるエリアではありませんでした。残念です。

梅津さんは未だに素晴らしい演奏をしています。生向委の殆どのミュージシャンが未だに活躍しています。現在のフリージャズの大御所は生向委系が多いですね。

東京に居ると多くに素晴らしいライブに接する機会が多く、井上敬三さんのライブで始めてお聞きしたのが、原田依幸さんでした。

原田さんは梅津和時さんと国立音楽大学のクラリネット科での同級生(?)で、生向委のメンバーです。クラリネット科主席とのことですが、現在はピアニストです。昔NYCへ行ったときに、間違えてパスポートを日本へ送り返してしまい、そのパスポートを送り返してくれるのを待つ間に、NYCのアパートで1ヶ月ピアノを弾き続けてピアノが上手くなったとのこですが(本当か?)。

バリバリのフリーインプロバイズトミュージックのピアノ演奏家です。今は本職が別なので、何時もライブを聞ける訳ではなく、月に1回程西荻窪アケタの店で自グループ演奏しています。30分1曲で30分休んで、次ぎに30分の演奏というスタイルですが、グループ全員での凄い気合の入った演奏で、息を付く間がないほどです。

今のグループは、時岡秀雄(ts)望月英明(b)小山彰太(ds)というメンバーです。

是非一回ライブをお聞きください。

Amazonで購入できるお勧めCD:

井上敬三さんとのPitInnライブpassionate age
私が原田さんのWebを作る切欠になったライブです。敬三さんが倒れられて、久々のPitInnライブで、ここでも2曲目にDUOが入っていますが、原田さんに触発されて、敬三さんの演奏も凄くなっています。

梅津さんと一緒に大昔のドイツでのライブのダンケも素晴らしい演奏です。しっかり日本の冗談ジャズを演奏しています。

自グループでの原田椅子

鈴木勲さんのグループの1998 NEW

小山彰太さんリーダーの音三昧II このCDでは井上敬三さんも聞けます。


Amazonでは販売していませんが、

”かいぶつ”MCCD-001:1985年のPitInnでのソロライブ;永らくPitInnで働いていた”かいぶつ君”辰野さんへささげた物だと思います。これも硬質なピアノ音のフリーインプロです。聞き物です。

”FDS”1999年鈴木勲オーケストラ:アケタの店でのライブ録音で、これも凄い録音です。

”六月のあやめ”1995年のアケタの店での鈴木勲さんとのDUO:これも凄い掛け合いです。


いやー、原田さんは凄い、素晴らしいフリー・インムロバイズト・ピアニストです。日本にこんなに凄いピアニストがいます。それも100%音楽を専門にはしていません。
[PR]
by maida01 | 2004-04-25 12:31 | 面白かったライブ
<< 未だに個人情報漏えいの問題点を... 男気のある歌い手 >>