高齢者富裕層も細分化する必要があると思うが

木村剛さんの
団塊パワーは景気の牽引役となるかから

私も、木村さんの定義の団塊世代の終わりに属しています。現在既に退職されて年金を貰われている人々は一番良い時代のを過ごして、今の良い時の富裕高齢者層だと思います。定年退職した公務員で今年金を貰っている人々が一番良い年金を貰っているようです。

未だ退職前の我々は、これからも年金もないと言われ、リストラにもまれ、給料も削られという層になります。つまり一番お金のない層になるように思っています。


私らの少々上の年代は団塊の世代として多くの競争相手の中でもまれて生きてきました。競争世代なので、パワーはあると思います。退職後も違った世界作ってくれるのではと期待しています。今は80歳などは当たり前の時代ですから、60歳くらいで定年になっても、まだまだ元気に仕事が出来るはずだし、生活のために仕事をする必要もあるのだと思っています。これからは高齢者(セミ高齢者)が自活して行かなければ行けない時代のように思っています。


老後も出来る仕事を作ろうともがいている最中です。

こんな自分を見ていると、とても富裕高齢者層になるとは思えません。


若くて元気に革新的な仕事をして稼いでいる人々もいますし、大学を出ても仕事がなくフリーターも沢山いるし・・・

これからは高齢者も含めて、富裕層と以外とに分けられてくるようにも感じています。(怖い世界です)
[PR]
by maida01 | 2004-04-27 16:46 | 日本が壊れていく
<< 図解の話 老人医療、保健、病院などの制度... >>