何とかならないか年金問題

今、テレビ朝日のモーニングと言う番組で年金問題の特集をしていた。国会議員の年金未払い問題から始まったが、最終的に現在の年金問題の本質に掘り下げられたようである。始めは言い加減に聞いていたので正確には論点を書き出せない。少々判るのが、以下が問題点です。

1.年金制度そのものが右肩上がりの経済を基本にしているので、現在のデフレ経済にはあわない
2.3セクなどとして建設・運営されていた保養施設のどれもが上手く運営できず、売却しようとしている。損失は数兆円で、損失の補填を年金から出す
3.官僚の問題:
  ・官僚の住宅を年金で建築し、非常に安い金額で利用させている。
  ・年金で作った、上手くいっていない保養施設の管理団体が官僚の天下り先になっている、且つ非常に高い給与を支払っている
  ・その組織で課長レベルまでに運転手付きの公用車を支給している

誰か、問題点を正確に列挙してもらえませんか?

最終的には年金制度そのものが現在の経済状況とは合っていない、官僚が今だに甘い汁を吸おうとする、ことが問題のようです。

番組に出席していた全コメンテーターが憤っていました。これを機会に問題点を明確にして、多くの人で共有し、議員、官僚などを含めて検討できませんかね。

木村さん、公的年金関係者よ!公開討論会に応じよ!の前に、問題点を明確に出来ませんか?

国会議員の年金未払い問題なんて、既に騒ぐには値しない問題です。マスコミの煽りになるのは止めましょう。

せめて問題を明確にして全国民で共有したい。
[PR]
by maida01 | 2004-05-04 09:48 | 日本が壊れていく
<< ボストンも懐かしい ビールス対策と低スペックのPCで充分 >>