アメリカ車の旅:駐禁チケット2つ

東海岸縦断ドライブ【番外編】

私の状況と似ていますね。LAのメルローズで駐車場がなくやっと住宅街にスペースを見つけて駐車。周りにも沢山駐車しているしOKと思って、ショッピング。1時間後位に戻ると、回りに車がない。変だなと思いつつ、帰途へ。I-405を南下。何か変だな。ワイパーの下で何かパタパタしている。あー、と思ったら、駐禁チケット。ハイウェイですから止められない。途中でハイウェイを下りて、止めて紙を取る。やっぱり駐禁チケット。

その後女房、子供は日本へ帰国。チケットをどうるるか。幾ら呼んでもチェックとマニー・オーダーしかでていない。どうするかと考えていたが、近くの郵便局代理店(?メールルームとかメールオーダーとか言う名前のチェーン店で郵便系は何でも扱っている)でマニー・オーダーを作る。確か15ドル。これを郵送して終わりでした。

後で何かの書類でクレジットカードでも支払えると書いてあった。クレジットカードで支払った方が簡単だった。

これは1999年8月のLA郊外での話でした。


続いて、1987年12月マイアミビーチにて。浜辺で砂浜でも見てみようかとパーキングメータの所で駐車。30分程の金額(50セントくらいかな)を入れて浜辺へ。5分くらい遅れて車へ戻るとチケット。初体験でした(痛かった:違うか)。
アメリカ生活6ヶ月ばかりで、どうすれば良いか判らない。やっとこさで警察署を見つけて罰金(確か10ドル位)を支払い。何か言われるのかと思ったが、あちらは”毎度”と言う感じで事務的に終了。

両方ともに写真とか領収書とか取っておいたと思ったが、今更見つからない。出てきたら、ここにアップします。

詰らん話でした。誰かの参考になるかな?
[PR]
by maida01 | 2004-05-15 13:17 | 海外、特に米国
<< ワールドサキソフォンと梅津和時の関係 シカゴのホテル >>