日本は世界から置いていかれる

日中ビジネスパーソンの意識の「温度差」--日本経済新聞へTB


今年初めに三井物産戦略研究所の寺島さんの講演をお聞きするチャンスがありました。去年だか一昨年から米国・中国間の貿易が米国日本間を越えたと話をされていました。三井物産戦略研究所のWebから沢山の資料を参照できます。数字も入っていると思います。

そのため、現在津軽海峡が米国中国間を行き来する船でラッシュだそうです。

また、船荷の積み替えの為に韓国の港が使われているそうです。日本でない理由が、日本の港湾労働の効率の悪さだそうです。日本はいろいろな面で古い体質を崩さないと世界から見放されます。

米中が親密になってきていて、韓国が中国寄りになってきていて、日本は飛ばされているのも事実のようです。


少々違う話ですが、シンガポール航空が世界最長の便でシンガポールからロスアンゼルスまでの直行便を出します。と言うことは日本へ寄港することなく、シンガポールから直に米国へ行けるようになります。シンガポール及び周辺国からは直にアメリカへ行くようになるでしょう。


段々と日本飛ばしの現象が見えます。日本も本腰をいれて未来への戦略を立てないといけないようです。
[PR]
by maida01 | 2004-06-23 17:14 | 日本が壊れていく
<< BlogとSNSは確かに怖い アメリカの知り合いの結婚式の招... >>