英語での情報源と収集方法と判断と・・・

INTERNET Watchで興味を持ったRSSの重要ニュースを“地図”で色分けする「News Map」

NewsIsFree News Maps
http://www.newsisfree.com/newsmap/top.php

面白い。

ニュースランクアルゴリズムを利用した「NewsIsFree」は、色分けによって直感的にニュースの重要性が一目でわかるサービスです。
評価基準は「匿名で収集されたデータ、ニュースがクリックされた回数によるランキング、ニュースが購読されているランキング、どれだけのブログがこのニュースに言及しているかなどの情報」

各種ニュースソースの記事毎に色分けされていて注目の記事が判ります。

下記のジャンルがあます
 Top News
 USA
 Entertainment
 Sport News
 Tech News
 Health
 Science

また自分のアカウントを作れば、自分の興味ある分野のみのページにもしたてられそうです。30日間の無料お試もあります。


面白いなと思ったけれど、ひできさんのべき乗の法則のことなどと考え合わせると、果たして皆が読んだニュースが自分で必要な・欲しい情報なのかなとも疑問に思っています。


自分では、あっれ、と思うような小さな記事で意外な発見をしているので、このような評価は使えるのかとも疑問に思ってしまいます。些細な記事とか、毎日の記事の流れとか、有名IT会社の記事が最近ないな、などから全体の流れを感じ取っています。

最近話題の神田昌典さんのお金と英語の非常識な関係では海外、特にアメリカの流れを英語で読め、と助言されています。確かに、日本のマスコミは情報が偏っています。

私の今の情報源は日本語が多く、何らかの英語での情報源を考える必要を感じています。毎日簡単に読める英字記事で何かお勧めはありますか?
[PR]
by maida01 | 2004-08-16 18:39 | これからのビジネスとIT
<< 老人の街になっていく旧新興住宅街 ITは使いよう >>