マニア市場を80/20の法則でオタクのマーケットを考える・・・(修正)

CNETからNRI、マニア層の市場規模推計と実態を調査--5分野で2900億円市場の記事

NRIサイトからマニア消費者層はアニメ・コミックなど主要5分野で2,900億円市場~「オタク層」の市場規模推計と実態に関する調査

5つのオタク市場(アニメ、アイドル、コミック、組立PC)の市場規模が2,900億円とは凄い。

KoWBさんがマニア市場はニッチじゃないで言っているように、5つの市場平均でオタクと言われる人一人平均で10万円で、組立PC リッチという分類では一人100万円の平均になる。

でも待てよ、80/20のパレートの法則に当てはめるとどうなるか?オタクと言ったって285万人全てが平等じゃないよな、その中の20%の人が80%の消費をしているんだよな、と考えてExcelで計算。

a0000893_12445069.jpg



これが正しいとすると、
1.本当のオタクは年に400万円も自分の趣味に使っているのか?
2.アーケードゲームなどのオタクが一番多くて、866万円
3.組立PC リッチの4000万円はありえなさそう。NRIの間違え?
  これは単純平均でも一人あたり100万円。本当かな?
4.ネットワークゲームの人が意外に少なく133万円、
  分野の単純平均でも3万円。これはオタクと言う分類なのか?

以外に面白い結果でした。でも当っているのかな?

(修正 2004/8/26)
失礼しました。一部計算ミスをしていました。平均が1桁違っていました。従い、組立PC リッチのオタクは年間400万円使っていることになりました。これならば納得できます。

山口さんのご指摘により、オタクの市場としてでなく、マニア商品の市場規模として捉え、20%のオタクが80%の市場で、80%の普通の人が20%の市場と計算しなおして見ました。

既にお読みになった方、コメントいただいた方、失礼致しました。
a0000893_1324452.jpg


何となく納得できる数字になりました。でも組立PC リッチは使いすぎですね。というか他の商品への購買が少なくて、これではオタクではないか?
多分80/20でなく、オタクの場合は90/10とか95/5とかなのかと思います。
[PR]
by maida01 | 2004-08-25 18:54 | これからのビジネスとIT
<< ExciteBlog画面は大き... いよいよ電子出版の有効なビジネ... >>