変革していく企業

Yahooで”<ローソン>他社併存の新契約申し入れ ヤマトは拒否へ”と言う記事が出ている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040901-00000097-mai-bus_all

内容は
ヤマト運輸に対して、同業他社の商品の取り扱い禁止条項を削除した新たな契約締結を申し入れた・・・・
日本郵政公社の郵便小包の取り扱いを決め、他社との併存禁止契約を結んでいたヤマトは反発

ようは、独占契約だったヤマトだけでなく他社も使いたいと申し入れるローソン、嫌だと言うヤマトという話。

ネット時代になって、実際の作業を担当する会社、特にロジ系は強いとは知っていたが、ここまで強いのか。


しかしローソンは郵便局内にコンビニを作ったりとか、最近郵便局よりになってきているな。三菱商事の新浪さんが社長になってから随分と変わって来ていると思う。次々と新事業・企画を出してきているようだ。

ダイエー時代は事業も上手く行っていなかったようだし、ローソンはコンビニでは弱い方だったと思うが、強くなったようだ。元気のあるコンビニの方だろう。社長が変わって良くなっていく会社の1つのようです。

一時は個人情報漏えいでケチを付けましたが、汚名も挽回していくようです。


会社はトップの意向が大切ですね。大会社の社員が出向しても、力を発揮できない場合が多いですが、新浪さんは違うようですね。

気になる企業に注目していると、いろいろと面白い。ローソンの分析もしてみたい。
[PR]
by maida01 | 2004-09-01 22:50 | これからのビジネスとIT
<< 安さの時代からバリューの時代へ ExciteBlog画面は大き... >>