カテゴリ:IT系( 13 )

ThinkPadのトラックポイント・キャップの交換

ThinkPadのトラックポイント:黒いThinkPadのキーボードの真中の赤い小さいポッチ

普通は丸く少々盛り上がって、ボチボチが付いたやつです。
2年程前からお皿のようにへっこんだキャップを使っています。
指に引っかかりやすく、滑ったりもしないし、非常に使い易い。

中古(ヤオフク)で購入したThinkPad X21のHDDも入れ替えたので、
こちらに乗り換え中。

ということで、IBM トラックポイント・キャップをビックカメラで購入。
945円。

でも、10個も入っている。
個人で買うには、そんなにいらないんですが、バラ売りはなし。

まあ、それでも安いし、使いやすいし、
ThinkPadを使っている人は是非お試しを。

Amazonでも売ってました。
a0000893_21314083.jpg
IBM トラックポイント・キャップ(ソフト・リム)10個入り


(再掲載:2005/5/29)
Exciteさんから、アフィリエイト系がだめだとコメントを頂き、
同投稿が非公開処理されました。
具体的に何が悪いのか判りませんでしたので、
Amazonでの値段とリンクを削除しました。
別にAmazonを強く宣伝をしている気はありません。
Amazonへのリンクは多くのExciteBlogで拝見していますので
今回のコメントと対処は疑問です。
最近は、ここにあまり投稿もAmazonリンクも入れていないので、
私がExciteの変化を知らないだけ?


Exciteさん、ついでに、スパムTBへの対処もお願いできませんか。
[PR]
by maida01 | 2005-05-29 21:36 | IT系

PDFのブラウズでトラブル

前から気になっていた。
会社でブラウザでいろいろと調べたりしていて、PDFを開いて、ブラウザを終了すると、
IEが回復不能なトラブルなのか、エラーレポートを送信しますか、と聞いて全ての
IEを閉じて、新規ブラウザを立ち上げる。


今日は、少々減少が判明。

Webのリンクから新規ブラウザでPDFを開き、これを閉じると、IEがトラブル

新規ブラウザで開いたPDFのブラウザを使い続けたり、
新規ブラウザで開かず、バックする場合は問題ない様子。
但し、社内LANでPDFを開いた場合は、トラブッていない。

PDFのブラウザが新規で立上がらない/立ち上げない場合は、問題はない様子。

Adobe Reader6.0、
PCはThinkPadR40、Windows2000Professional、メモリー512MB(?)

自宅のWindows98では問題はないように記憶しています。
[PR]
by maida01 | 2005-04-12 09:50 | IT系

今はGEOCITIES

Yahooからメールが来た。GeocitiesがYahooに移行しての、とか言っている。

Geocitiesも懐かしくなったものだ。

1994年頃だったと思う、日本ではホームページは始まったばかりで、アメリカが主流だった。無料でホームページを作れるサービスが幾つかあった。

今のブログのように、プロバイダーが用意したフォームに題名、言いたいことなどを箇条書き、画像の選択などをするとホームページが出来あがるサービスが幾つかあった。
私はBHIというサービス・プロバイダーで始めてのホームページを作った。HTMLなんて知らなかったので、提供されているフォームで英語で音楽が好きだ、日本にも素晴らしいミュージシャンがいるよ、と入れると自動的にホームページになった。
後はyahoo.comに掲載すると、結構な数のメールが世界中から来た。

インターネットは凄いなと思った切欠です。
そのBHIが、その後GEO(確か?)なる会社に買収され、また、その後Geocitiesに名前を変えたのか、買収された。その後、またYahooに買収された。

私のBHIに作った、初めてのホームページは今でもGeocitiesに残っている。しかし、何かの手違いで、IDとパスワードが通らなくなり、1999年の更新以来、更新が出来なくなった。

いまだに1999年の自分の写真が掲載されている。当時勤務していた会社(SI、アウトソースを始めた会社)でデスクに乗ったPCをバックにして。あの当時は、会社ではWindows3.1、Mac、PC98と3台をデスクで使っていた。Windowsが95で一気に広まる直前でした。
[PR]
by maida01 | 2004-12-25 16:09 | IT系

デジカメ

昨夜は、女房のおふくろさんがデジカメを買いたいとのことで、有楽町のビックカメラへ。

デジカメは全く判らないので、しばらく見て、触って、2つほどの候補を決める。
その後、店員に聞くと、これが良く知っている、女の子。
やはり、元々見ていた2機種が良いようだ。
80歳のおばあさんが使うので、モニター画面が大きい方が良い、画像もきれいなようだ、手ブレ防止もありということで、
Panasonic LUMIX FX7に決定。

皆で飲み屋で忘年会、その後、ホテルでのお茶のみ、と、このデジカメで写真を取る話題ばかり。

今のデジカメは凄い。鮮明に写るし、撮影後に写真をズームにしたり、動画を取れたり、と凄い機能です。皆で大騒ぎ。

このPanasonic LUMIX FX7はビックカメラでは売上1位だそうです。浜崎あゆみがテレビで宣伝しているデジカメです。

コンフォートブルーシルキーシルバーピンクブロンズグロスブラックの4色あります。

正月は、このデジカメの印刷したのを見れます。
[PR]
by maida01 | 2004-12-19 19:29 | IT系

フリーのUTF-8用エディターのリスト

CMS/BlogパッケージのNucleusをインストールしようと奮闘している。

PHPのソースに変な文字が混入したようだ。今まではメモ帳でHTMLから何から処理していたので、テキストエディター何て使っていなかった。

NoEditorかTeraPadが良いと言う。

検索すると便利なページを発見。
UTF-8に対応しているフリーのテキストエディタの比較表
http://www3.coara.or.jp/~tarariko/utf8.html
HTMLエディタとかCSVエディタなどがリストされている。

便利と思っていたら、PHPエディタを発見。windows用php開発環境だそうだ。
http://fol.axisz.jp/php/
これも試そう。

NoEditorはWindows98には対応していない様子。未だにWindows98を使っているので、そろそろ対応ソフトもなくなってきたので、XPにでも替えるべきなのかな?
[PR]
by maida01 | 2004-11-13 12:54 | IT系

PPTのファイルサイズ

前からパワーポイントに画像やExcelを貼り付けた時に、ファイルサイズが異常に大きくなると思っていた。

貼り付け時に、形式を選んで貼り付けにするとサイズは小さくなることは知っていた。

前にテストした時には、1回の保存で10Kから20K程サイズが増加し、10回か20回目の保存でサイズが戻った。
今日のPPTは、サイズが500KB位から保存を繰り返すと、1MBを越えるまで大きくなっていく。何も変えずに単に保存を繰り返しただけで。元へ戻らない。

何か対策はないのかと思い、"PPT file size" saveでGoogleで検索。

結果は、

PPT Optimizer - Right-size your presentations
http://www.rdpslides.com/pptools/FAQ00013.htm
英語のツールで動くのかな?99ドル95セントは高い。
このサイトではPPT系のツールを幾つか売っています。

NXPowerLite
http://www.nxpowerlite.com/?source=es&kw=shrinkpptfiles
Optimize your Microsoft PowerPoint presentations
これも英語で、34ドル62セント

"PPT" ファイルサイズ 削減でGoogleでは大量の結果。

"PPTのファイルサイズ" 削減でGoogleで何も検索できず

PPT ファイルサイズ 異常 保存では、311件だが、43件だけ表示。
しかし適当な内容がない。


自分で努力:
本日作成したPPTの画像2つのページで、各画像をカットして、同じページに形式を選択して貼り付けで、JPEGで保存すると、それまで1Mを超えていたファイルサイズが200KB程度に落ちる。信じられない。
[PR]
by maida01 | 2004-11-12 18:12 | IT系

1つのPCで複数のブラウザで正しく表示される理由

今年からIT系試験問題作成の手伝いを始めた。
他の人の問題でプロキシでのアドレス変換の問題があり、何故プロキシでは戻ってきたブラウザの要求を元のPCへ返せるのかの疑問が出てきて、調べることになった。

何故PCで複数ブラウザに正しいページが表示出来るのか疑問だったので、調査を引き受けた。

疑問は何かというと、
社内のプロキシではIPアドレスを1つのアドレスに変換してWebサーバに要求を出すが、戻ってきたHTMLはプロキシのIPアドレスに戻ってくるから、プロキシで何かの変換テーブルがないと元の要求もとのPCへ戻せない。この変換テーブルとは何かな?というのが疑問です。

結果は、IPアドレスとポート番号で変換して関連付けしているそうです。

でも調査は大変でした。すんなりと出てこない。Googleでアドレス変換などとやっても、出てくるのはトンチンカンなページばかり。NAT(ネットワークアドレス変換)ではないらしい。アドレス変換にも幾つかあるようで、明確に書いていない。インターネットの沢山の技術がからんでいて、内容を良く理解していないので、読んでも判らなかったのかと思いますが。

本も探したがピッタリなのはない。とりあえず簡単そうなネットワークの本を買って読み始める。

あちこちの情報を寄せ集めてやっと判ったと思った時に、良く解説してあるサイトを発見。
MM-LABO.COMのIPマスカレード(IP Masquerade)
http://www.mm-labo.com/computer/tcpip/ipaddress/IPMasquerade.html

ネットワークのおべんきょしませんか?のルータ(アドレス変換 IPマスカレード)
http://www.n-study.com/network/ipmasq.htm


NATではIPアドレス変換しかしてくれなくて、PCとかサーバのプログラムと関連付けるのは各PC、サーバで振るポート番号でした。これをIPマスカレードと言うそうです。

a0000893_13135252.jpg



自分で図まで書いてしまいましたが、
ブラウザでURLを指定し、サーバのポートはデフォルトの80にして要求を出すが、要求元である自分のPCのIPアドレスとポート番号も発信するそうです。このポート番号とプログラム(この場合はブラウザ)が結び付いて、戻ってきたHTMLをPCが該当のブラウザに処理を渡すそうです。ポート番号は1023までは予約されたウェルノウンと言うそうですが、65535番までは自由に使えるそうです。要求を出す時に自分の空いているポート番号を要求に付けて出します。これが戻りのHTMLについてきます。
プロキシ(この図ではアドレス変換器)でも同じ事が起こり、要求元のIPアドレス+ポート番号をIPアドレスは決まったアドレスに変換(普通は自分のIPアドレス)し、ポー番号は自分で空いている番号を振って、Webサーバに要求を送る。
Webサーバからプロキシへの返事には、変換されたIPアドレス(プロキシのIPアドレス)とプロキシが振ったポート番号に戻ってくる。プロキシでは要求した時のIPアドレスとポート番号(本当はポート番号だけで良いと思いますが)と要求元のPCのIPアドレスとポート番号を判っているので、元のPCの要求に戻して、PCへ返事する。
PCではポート番号で要求元のプログラムが判るので、そのプログラムへ処理を渡す、と言う流れのようです。

言葉で書くと何となく難しく読めますが、ポート番号を主体に処理していると言うことのようです。IPアドレスはターゲットとするマシンへ行き着くだけです。行き着いたマシン内ではポート番号で内部のプログラムと関連付けられています。


易しいと思って買った本は非常に面白い本でした。少々読むと簡単なのですが結構難しい。自分のPCからLANカード、ADSL、ケーブル、プロバイダと通って、サーバに行き着いてと、インターネット内での流れに沿って書かれているので、代表例で書かれていますが、インターネット技術の全体の流れを説明していて、非常にためになりますが、技術が広く、多岐に渡り、難しくもありました。
自分の疑問も本の後半にやっと出てきて、自分で作った図の裏付になりました。

ネットワークはなぜつながるのか ― 知っておきたいTCP/IP、LAN、ADSLの基礎知識 日経BP

良い勉強になりました。システムの仕掛けを調べるのは面白いものです。

今の技術には強くないので非常に大変でした。あちこちに詳細な話は出ているのですが、これを昔の技術しか知らないおっさんらに教える為に大まかにまとめるのが大変でした。

未だ沢山の間違えがあるかと思います。お気づきの方はご指摘ください。


この書籍のシリーズには
Windowsはなぜ動くのか

もあります。これも読んでみようかと思っています。
”パソコンはなぜ動くか”もあったように思うのですが。
[PR]
by maida01 | 2004-10-05 13:31 | IT系

文字コード、文字セットとエンコードの調査

ただのメモ書きです。

文字コード、文字セット、エンコードはややっこしい。

もともとWebを多言語対応させる為の話から始まった。対象言語は日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語だ。ISOでも表示出来るがUTF-8でのエンコードが必要など、何だか判らない話なので、自分でも調べ始める。

この話は単純に静的なHTMLで中国語とか韓国語を表示する話ではないので面倒です。既に大型コンピュータに蓄積されているデータもHTMLに含んでの表示、更新もあり、ブラウザーからの入力もあります。
つまり本格的な多言語でのエンコードの混在の問題です。

定義
1.文字セットとは
当用漢字とか常用漢字とかの文字の集合体の定義のようです。ここは本来はコンピュータ以前のようです。
2.文字コードとは
要するに、文字をコンピュータで扱うための文字・記号に割り当てられた数字の規則のようです。ASCIIとかJIS X 0201だそうです。確かにJISコードと言いますね。
3.エンコードとは
文字符号化処理(方式)。文字セット中にある文字 ("A" や "あ") を、文字コード ("0x41" や "0xA4 0xA2") に対応させる処理でSJISとかEUCとかだそうです。

参照 http://www.studyinghttp.net/charset


下記が主な情報源。これから情報の整理に入ろう。整理できるのかな?

文字コード、文字セット、エンコードの説明
http://www.siisise.net/charset.html

複数の文字コードをformからCGIへ送信する方法
http://www.hicat.ne.jp/home/tomcre/search/zatu/charset.html

日本語と文字コード
http://www.kanzaki.com/docs/jcode.html

小塚 敦さんのmikeneko.ne.jpの記録
あちこちからリンクされて文字系の情報が沢山ありますが、ご本人が亡くなられてサイトを閉じされたようです。現在ではGoogleのキャッシュから参照できます。
Unicode のエンコーディング
http://www.google.co.jp/search?q=cache:XAjBR3utoCEJ:www.mikeneko.ne.jp/~lab/kcode/uni-encode.html++%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89+site:www.mikeneko.ne.jp&hl=ja

文字セットの種類
http://www.google.co.jp/search?q=cache:-fdlhwHMLqUJ:www.mikeneko.ne.jp/~lab/kcode/jiskanji.html+site:www.mikeneko.ne.jp+%E6%96%87%E5%AD%97&hl=ja

文字コードリンク
http://www.google.co.jp/search?q=cache:cTd2ZBLK9SkJ:www.mikeneko.ne.jp/~lab/kcode/link.html+site:www.mikeneko.ne.jp+%E6%96%87%E5%AD%97&hl=ja

文字コードのはなし(大阪外語大の
http://mlang1.osaka-gaidai.ac.jp/~tagengo/multi/char_code.html

加藤弘一氏の素晴らしい文字コードの解説。歴史的な流れが判る。
http://www.horagai.com/www/moji/2000a.htm
[PR]
by maida01 | 2004-10-05 11:16 | IT系

Wikiのドキュメント

ネット上でWikiのドキュメントを発見したのでメモ。
Wikiって何と言う人にはお勧めです。15ページ程なのでお手軽にWikiが何であるかが読めます。
私も良く判っていないのですが。

”Wiki Way”の一部ですが、Wikiのことが結構良く判ります。参考になります。
「Wiki」って何?
http://books-support.softbank.co.jp/isbn/1832/p15-31.pdf
この目次
http://books-support.softbank.co.jp/isbn/1832/contents.pdf
[PR]
by maida01 | 2004-09-21 14:01 | IT系

JXの続き(勉強させてもらった)

初めてのコンピュータ

アメリカで日本語・英語兼用のPCを貰ったのは良いが、3.5インチのFDが2つ付いているだけ。HDDが付く前のPCです。

当時はアメリカでは未だ5インチのFDが中心だし、プリンターも欲しいし、メモリーも付けたいしと、沢山の付属品を日本へ注文することになる。RS232Cもなく通信が出来ないので、これも注文。結局10万だか15万だかを使ってしまう。

この会社には当時から社内に全世界を繋いだネットワーク(今のイントラネットに近い)があって、いろいろな話題の話しをしたり、個人で作ったソフトを配布したり、非常に便利だった。但し、全て英語。
会社では社内のネットワークで情報収集もでき、便利なソフト入手できた。

通販で安いモデムも購入。当時は早いスピードだった2400BPSのスープラ。最近はスープラも知られたが当時は全く無名のメーカーだった。
アメリカでは市内電話代は月額定額なので、大学生などがやっているBBSを見て回ったりと遊ばしてもらった。

モデムが動かなくなり、社内ネットワークでJXのフォーラムへ質問。翌朝には全世界から5通程の助言。このときに通信の素晴らしさに感激。
結局、RS232CのICが壊れているだろうと、3種類のICを知合いに取り替えてもらい、直った。その後も数回壊れて、予備の3種類のICを入替えるという慣れたものになっていった。

結果的には金は少々掛かったが、良い勉強になりました。
[PR]
by maida01 | 2004-06-10 21:51 | IT系