カテゴリ:音楽全般( 25 )

リー・リトナーが結婚!!杏里と?

今朝のテレビで杏里が結婚の話をしていた。
でも相手が、リー・リトナーだって!!!
でも写真ではリー・リトナーとは判らなかった。

サンスポのニュースで、
アンコールで電撃発表!ANRIがリー・リトナーと結婚
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200505/gt2005052201.html

30年位前にジャズでフュージョンが流行った時に、
リー・リトナーは、凄い人気だった。

私もレコードを買ったな。

リー・リトナーも年取って、結構太ったようです。

日本のニュースでは杏里のニュースでしたが、
アメリカではリー・リトナーのニュースですね。


昔から、ジャズメンの奥さんには結構日本人がいます。
エルビン・ジョーンズの奥さん、ケイコさん、
アート・ブレーキーの離婚した奥さんも日本人、
  (昔Village Gateでウディ・ショウのライブでお会いしました。
   ウディ・ショウの楽屋へも連れて行ってもらった)
ケニー・バレルの奥さんも日本人、離婚したようですが、
  (30年程前に、モンタレー・ジャズ・フェスティバルの会場脇のレストランで
   ご一緒になりました。小さい2人の娘さんは日本語で話してました)。

とにかく日本人の奥さんが多い。
それもどうした訳か九州出身の名前がケイコさんが多いように思います。
[PR]
by maida01 | 2005-05-23 21:23 | 音楽全般

ライトニング・イン・ア・ボトル

メモ

ライトニング・イン・ア・ボトル
http://www.nikkatsu.com/movie/lightning/

凄いメンツ。ブルースが主なように宣伝しているが、
出演者には、ブルースはもちろんだが、
ジャームズ・ブラッド・ウルマー、ジョン・フォガティ、オデッタ、ナタリー・コールなどなど。

NYCのラジオ・シティ・ミュージック・ホールでのライブ録画のようです。
ここも懐かしいな。大昔にブル-スのコンサートを聞いたことがある。

これも見なきゃ。

渋谷 パルコパート3前のシネマライズにて3/19から
  10:20 12:40 15:00 17:20 19:40
[PR]
by maida01 | 2005-03-19 10:10 | 音楽全般

久々に占いもの・・Jazzジャイアンツ占い

cat_regaさんのサイトで拝見。
Jazzジャイアンツ占い

私は
maida01さんは チャールズ・ミンガス です!
● チャールズ・ミンガスさんは、なかなか早熟。初恋も早く、常に誰かに恋をしているような情熱的なタイプです。また楽しいことが大好きで、恋愛はもちろん、食事、会話、趣味など、さまざまなシーンに楽しみを見出していける人でもあります。あなたと一緒にいると、誰もが明るく楽しい気分になってしまうので、みんなに好かれる人気者です。ただ、こうした遊び好きな性格のせいか、少々浪費家の傾向あり。使うだけの収入はありますし、ピンチのときにはどこからか助け船が入るというラッキーにも恵まれるのですが、金銭的に度を越すとあとで自分に跳ね返ってくるかも。ちょっぴり苦手かもしれませんが、計画的な貯金を心がけることが、さらなる開運の鍵になりそうです。

● maida01さんの開運温泉は、洞爺湖温泉です(入浴剤も可)。

私は早熟ではなかったな。
皆には好かれているとは思えないなーー。
浪費家でもなしーーー。

本当に当ってる?

ミンガスは好きデスが。

元はJazz*Maniaxさん(http://jazzmaniax.net/)の
http://u-maker.com/91895.html
からです。
[PR]
by maida01 | 2005-01-19 22:24 | 音楽全般

ブリキの音楽家(My Little Musicians 2)

ケンタッキー州レキシントンという町へ赴任直後の1987年7月4日、アメリカの独立記念日。
ダウンタウンのパレードの時に、路上で売っていた。
a0000893_17591350.jpg


ナッシュビルから来たというオジさんが売っていた。
全部で40ドル。
同僚のカナダから赴任している、中国系カナダ人は、40ドルなんて絶対に買わないと言っていた。

思いでのブリキ人形です。


(これも、画像は上手く入るな。しかし、写真の撮り方が下手ですね。撮り直そう)
[PR]
by maida01 | 2005-01-16 18:00 | 音楽全般

始めて買った音楽の飾り物(My Little Musicians 1)

画像のテストも兼ねて、音楽系飾り物の紹介。
1つ目。

a0000893_17524930.jpg


出身大学の学園祭で買ったように思う。

何となくイタリア風?サーカスのピエロ?
始めての音楽系人形です。

(Exciteでは画像が適切なように見えるが、MTでは大き過ぎる。
何故か?)
[PR]
by maida01 | 2005-01-16 17:54 | 音楽全般

レイ・チャールズのクリスマスソング

レイ・チャールズのクリスマスソング
The Spirit of Christmas Ray Charles

a0000893_21173314.jpg
CD (1997/09/02)
オリジナル盤発売日: 1985/12

Exciteの誰かのブログでコメントしたので、久々に音楽ネタ。

Amazon.comで調べ、Amazon.co.jpにもあった。
我が家には幾つかクリスマス・レコード、CDがありますが、
これも、好きなレコードです。
発売日からすると、我が家のレコードはオリジナル盤のようです。
良いレコードだったので、友人の店:新宿のサムライにも上げたように記憶している。

まだクリスマス・シーズンになってしまった。
1年が終わろうとしている。今年も大したことが出来なかった。
[PR]
by maida01 | 2004-12-09 18:16 | 音楽全般

ブルースの旅

ひできさんが珍しくブルースの話を投稿していたので、思わず大好きなブルースに興奮して、昔のメモ書きで投稿してしまいました。殆どがアメリカに駐在していた時(1987年5月-1989年6月)にした旅です。
(文章がおかしいのは後で直そう)

デルタ・ブルース・フェスティバル(1988年8月か9月?)

もともとブルースが大好きで、日本のブルース雑誌、ザ・ブルース、現在のブラック・ミュージックレビューを作った日暮さんのミシシッピー川沿いをブルースの旅する本に憧れていた。AAAのミシシッピー州の観光本を読んでいると、デルタブルースフェスティバルのことが書いてある。グリーンビルという町での開催元などの情報。電話して情報を送ってもらう。仕事と重なって行けるかどうかだったが、直前に行くことを決断。その町中のホテルに電話したが、どこも予約で一杯。そんなに混んでいるのかと思ったが、出発してしまった。その年の最大のハリケーンが来ていたのに、フロリダの方だけとの情報で、車で出掛けた。金曜日の夕方に出発したのだと思う。ナッシュビル郊外で一泊。翌日10時頃にメンフィス方面へ出発。少し雨。1時間ほどで大降りの雨から、前10メーターも見えない程の激しい雨に変わった。もうだめだと思ったがどうしようもない。取りあえずメンフィスまで行かないとホテルもない。

メンフィスにやっと夕方に到着。雨はあがった。ビールストリートの観光局でホテルを紹介してもらう。ここにいたオバサンがブルース好きで、ブルースの話になる。その日の現地の朝刊に出たミシシッピーあたりでのブルースフェスティバルの特集の記事のコピーを貰う。ビールストリートはブルースで売っている通り。ホテルチェックイン後に夕食がてらぶらぶら。観光の場所が幾つかある。ブルースライブの店に入る。観光的なブルース。つまみのキャット・フィッシュの唐揚げが美味しかった。通りの端の小さな広場で黒人のお爺さんがギター片手にブルースを歌っている。下手な歌で、これぞブルースと良い感じ。

翌日、雨は降っていない。行けば何とかなるだろうと、グリーンビルへ向けて出発。目的地が近づくにしたがって、道路の両脇が真っ白な綿畑に。風に飛ばされた綿花が白い花のように乱れ飛んでいる。綺麗だ。どんどん行くと、いかにもブルースの映画にでも出てくるような田舎道になる。

グリーンビルに着いて、ガソリンスタンドで給油してくれてた白人の悪そうなガキにブルースフェスティバルはどこと聞いたが、何だそれ、しらねえとつれない返事。現地の白人には全く無視されている様子。空室ありのモーテルでチェックイン。やっとこさ到着したフェスティバル会場は、畑道を走った遥か遠く。暑い暑い田んぼの中でロックがかったブルースを演奏していた。今の本当のブルースはこんなのかなと思いながら聞いた。演奏そのものは楽しめなかったが、雰囲気は非常に良かった。

泊まったモーテルは監獄のようであった。ジム・ジャームッシュの映画に出てくるモーテルまたは監獄と一緒だ。小さな窓が部屋の上の方にある。水はぬるぬとして、石鹸が泡立たない。タオルはシーツの様に薄くて、水を吸い取ってくれない。一泊19ドルだか29ドルだった。私が泊まった中で一番安い。しかし翌朝チェックアウトする時に黒人のオバサンがオフィースの人と、高い負けろと言い争っている。何だか本当にデルタに来たなと実感できるモーテルだった。

帰りは日暮さんの本にも出ていたルート61を北上。昔のブルースのレコードジャケットに書いてあった町の名前が沢山ある。最後はクラークスデイルに到着。ブルース博物館があると聞いていたので、聞いて聞いて聞き回ってやっと辿り着いたのは図書館の中にあるブルース博物館だった。しかし残念、日曜日で休み。入り口のドアのガラスの部分から中を見ただけで帰って来た。

帰りは、そのままメンフィスを抜けて、ケンタッキー州を西から東に回るケンタキー・パークウェイを走るが、夜になってしまい途中泊。真っ暗な中を走れないので適当なモーテルに部屋を借りるが、ドアがロック出来ない。仕方ないかと思いつつ、食事に出て、別なモーテルを探し当て、ここに泊まる。翌朝、ここは美しい湖の湖畔と判明。ピクニック気分で少々遊んで、帰路に着く。


セントルイス・ブルース・フェスティバル(1988年10月?)

10月だと思う、前回のメンフィスでもらった、ブルースフェスティバルの新聞記事に載っていたブルース・フェスティバルでセントルイスへ。車で西へ7時間かかった。初めは良かったが、夕方になった到着直前は西へ向かって走っていて、西日をもろに貰っての運転で大変だった。ホテルは川沿いだった。通りをはさんだ直ぐ前がブルースフェスティバル会場のライブハウスだ。大きなライブバーという感じで、後ろにいれば子供がいても気にならない。もう覚えていないが、いくつかのバンドが演奏した。一番後ろの客席でビールを持ってうろうろしてる気になる人がいた。そのうちにこの人がステージで演奏を初めて、中々の演奏だった。面白いフェスティバルだった。

ここだけでなく、Foxシアターという車で少々走った所でもコンサートがあり、昔の大金持が作ったという感じの豪華絢爛という会場だった。レイ・チャールズ、アルバート・キング、ジョニー・ウィンターといった大物面々の出演だった。
セントルイスはゲートウェイ・アーチという巨大なアーチがあり、これにエレベーターのような箱に乗って、一番上まで行ける。真下を見下ろせるが高い所の恐い私には非常に恐い場所だった。


シンシナティー・ジャズ・フェスティバル(1988年?月)

名前はジャズフェスティバルだが内容は真っ黒なソウル・ミュージック。真夏の夜8時頃から始まり、シンシナティー・レッズの球場の急な階段のような席に着くと、見渡す限りの観客席は黒人ばかりで真っ黒。私は知らないが黒人ソウルの有名どころが沢山出演。とりがスティービー・ワンダーで素晴らしい歌だった。途中で球場真上に急に花火が飛んだりと楽しいコンサートだった。帰りは夜2時頃に車で帰ることになり、眠くて途中でハイウェイを降りて、眠気覚ましのコーヒーを飲んだり大変だった。

ダラス・ブルース・フェスティバル(1992年8月?)

たまたまダラスに数週間仕事で、家族も一緒に居た夏、同僚二人も一緒に日曜日に出かけ、帰りにブルース・フェスティバルへ。野外ステージで芝生の上でビールなどを飲みながらのフェスティバルだ。出演者も結構良かったように覚えている。アルバート・コリンズも出ていたが、余りパワーがなかった。

その昔モンタレー・ジャズフェスティバルのときのアルバート・コリンズはノリノリだった。エレキを弾きながら会場へ降りて、歌いながら一周する。当然会場は大騒ぎになる。何が受けるかをよく理解した舞台運びだった。今でもアルバート・コリンズのレコードを聞くと、ブルース乗りになる。


シカゴのブルースバー

(1990年?)
アメリカ駐在から帰国後、当時の会社から2回程レキシントンへの出張のチャンスが合った。当然行き帰りはシカゴ経由。アメリカ人の同僚がシカゴのオフィースにいるので、面談スケジュールを作ってシカゴ泊。この同僚(黒人)と面談後、ブルースが聞きたいとゴネて、少々離れた町のブルースバーへ連れて行ってもらう。生憎良い演奏ではなかったが普通ではいけないようなバーだった。

シカゴに泊まっているので、当然街中のブルースバーでも飲む。しかし街中のブルースバーは観光色が強い。


(1998年5月)
その後もシカゴへは時々行くことがあった。
本当は町外れにブルースを聞きに行きたいのだが、何となく怖そう。日本からの女性同僚二人と街中のブルースバーへ。凄い数の客。演奏も良い。観光客が多く、演奏者は皆がどこから来ているのかなどと聞きながら、歌い、大騒ぎ。聞かれてもいないのに、ついでに東京からも来ているぞと言って、騒ぎに加わる。面白い演奏だった。

シカゴブルースフェスティバルの期間だと、ブルースバーを行き来するバスも運行していて、各店のパスのようなものも売っているようでした。

(ここでとりあえず投稿)
[PR]
by maida01 | 2004-08-06 13:29 | 音楽全般

スチールドラムも好きです

スティール・ドラム!

私もスチールドラムは好きです。多分手作りだと思われる、この楽器は音程の調整が微妙に違いがありますね。音程の悪いスチールドラムは余り良い気分にはなれないですが、音程も良く、陽気な人が叩くと、からっとした甲高い音で陽気な気分になれます。

昔アメリカの何処か(NYC?)の街角で聞いた覚えがあります。特に数人で叩いていると気分も高揚してくる音楽になります。

残念ながら日本では余り見かけませんね。

私の好きなドン・アライアスが昔叩いていたように思いますが?
[PR]
by maida01 | 2004-04-21 22:16 | 音楽全般

ドラムライン

ドラムライン

大昔、高校生のときにアメリカンフットボールを少々やっていました。その関係で今でもフットボールが好きです。

昔アメリカに居たときにはテレビでは良く見ていました。
そんな時に、このドラムラインのモデルになったと思われる黒人の大学のマ-チングバンドをフットボールのハーフタイムショーで見る機会がありました。素晴らしい演奏でした。胸のすくようなリズムとマーチでした。

下の娘がアメリカ大好き娘で、テレビドラマから始まってアメリカもの映画も大好きです。来週、一緒にドラムラインを見に行くことにしています。非常に楽しみです。


jm さんの投稿を見て、思わずTBしてしまいました。
[PR]
by maida01 | 2004-04-16 23:19 | 音楽全般

音楽小物

スーツにつけてください

コメントを頂きました。ありがとうございます。

音楽好きは音楽小物が好きなようです。
我が家のクリスマスツリーのオーナメントは全て音楽ものです。アメリカなどでオーナメントを見つけると、女房が購入していました。1つ1つは結構高いので、合計金額は想像以上に高いと思います。

あとは、ミュージシャン人形とかマグネットとか。

JAZZとピアノのデザインの靴下とか、ネクタイとかもあります。

最高はサックスのバックルです。

今度自分のWebで写真を出そうと思っています。その時はご案内させていただきます。

Jazz Art Galleryというのもやっています。一度ご覧ください。

a0000893_214523.gif


エリック・ドルフィの切り絵です。斎藤次也氏作です。

凄い作品なのですが、綺麗にスキャンできていないですね。残念。

斎藤さんは最近は湘南ジャズフェスティバルのポスターを作られていて、知られて来ています。
[PR]
by maida01 | 2004-03-24 21:46 | 音楽全般