<   2004年 04月 ( 97 )   > この月の画像一覧

ワールド・サキソフォン・カルテット

US郵便ポスト

snow_nyさんのアメリカのゴミ箱から思い出してしまいました。ゴミ箱の写真はsnow_nyさんへのリンクからご確認ください。

もう25年位前の話です。1980年位だと思う。ジャズのツアーでNYCへ到着した日の夕方にジャズの世界では由緒正しいNYCのタウンホールでのコンサート。眠さを堪えて行ったコンサート。

ワールド・サキソフォン・カルテットの登場です。なのですが、幕が開くと、ゴミ箱が4つ、上下逆さまに置いてあるだけ。少々してバックステージからサックスの音。4人で吹きながらの登場です。それもタキシード。ゴミ箱は譜面置きに使いました。

サックス4本だけなのに、凄いリズムで、緩急自在な音楽。激しい音楽になったり、メロディックな音楽、フリージャズからR&B的な音楽、クラシック調と流石にベテランばかりのグループ。カッコも良い。粋な音楽です。

素晴らしい音楽で会場いっぱいのNYCの聴衆ものりに乗っています。ピーピーと口笛の煩いこと。

凄いグループです。


1992年9月LAで、たまたま私は研修に出席中。新聞でLAダウンタウンにあるカタリナ・グリルでワールド・サキソフォンのライブを発見。行きました。マリナ・デルレイという海岸からLAダウンタウンまでタクシーで40ドル、ライブが40ドル、また帰りのタクシーが40ドルです。高かった。
一番前の席で、4つのサックスを目の前にしてのライブは凄かった。でもやはりNYCとLAでは演奏者も感じが違うのか乗らない。客ものりが悪い。

やはりジャズはNYC以外のアメリカではダメだと思った。

何年か前に東京BlueNoteにワールド・サキソフォンが来日したときも、何だか演奏会と言う感じで面白くない。LAでもそうだったが、Blue Noteも料金が高く、聴衆が本当に音楽を楽しもうという人々でないように思う。Blue Noteはデートコースのようでもあり、音楽を本当に楽しもうと言う人々は少ないようだ。残念です。


ワールド・サキソフォンのメンバーも皆歳を歳を取り、最近は噂を聞かない。ジュリアス・ヘンフィルは随分前に亡くなったし。

後で、ワールド・サキソフォン・カルテットのCD紹介もしようと思っています。
[PR]
by maida01 | 2004-04-29 19:40 | 好きな音楽家

新語を受け入れ易い言語

木村剛さんの「かめはめ波」とは何か?を読んで。

面白い。女子学生などが良く判らん言葉を使うのは知っているが、木村さんのような方が自分の感情で言葉を使うことが面白い。コンサルタントは言葉の定義にうるさいものだが、木村さんはフランクに使ってしまい、「かめはめ波」のやり取りになっているようだ。
何となく井戸端会議のような話題だが面白い。言葉は変化をしていくので、残る言葉は残るし、なくなる言葉も沢山ある。人々が選択していくのだ。


詰まらない話だが、自分の経験を1つ。

アメリカのマネージメントコースに出ている時に知り合った仲間とフットボールを見に行った。大して英語を判っていないのにカッコつけて、COMEだか何だか普通の言葉にINだかOUTだかONだかを使って話をしていた。隣にいた友人(LAのおっさん)が”その言葉の意味は何だ”と教えてくれという感じで聞いてくる。

こちらは間違えて使っていたのだが、アメリカでは新しい言葉や、違う人種の人が、いろいろな言葉を使うので、自分が知らないのだろうと考える場合が多いのかと感じた。

日本語も外来語を受け入れ易い言語だと思っていたが、米語も外来語・新語を受け入れ易い言葉なのかも知れない。

世の中では言葉の乱れとかの問題もよく言われるが、新しい言葉で新しい感覚で話をすることも面白いのだろう。

でも、木村さんの定義では「かめはめ波」という言葉は有名人しか使わないから、一般人には流行らないな。有名人の間でも流行らないかな。
[PR]
by maida01 | 2004-04-28 13:27 | よた話

日本国内でも経済弱者

charlie-oncoming さんの池袋西口のゴールデンレトリーバー話を読んで。

今始めてお読みしましたが、charlie-oncoming さんのお話は、それぞれが素晴らしい視点から話されています。この話は野良犬とホームレスの方の話から、「経済戦争」の被害者へ結ばれています。


私が大昔建築現場で働いていた時に、山谷の人々に雑用をしてもらっていました。彼らは殆どが家庭・仕事が嫌で逃げてきた人々でした。昔は自分から望んで山谷(ホームレスではないですが)に逃げ込む人が多かったようです。最近は仕事をなくして、アパートにも住めなくなって、泣く泣くホームレスになる方も多いと聞いています。

方や国民の年金を自分達の住居の為に使ってしまう官僚とか、経営者の責任で大企業が窮地に陥り、経済的インパクトが大きいとの判断から国民のお金を大量に注ぎ込んで再建しようとする行為など、変なお金(特に国民のお金)の使い方が多い。

経済的な弱者を助けるために使うとか出来ないですかね。

何とかならないのかこの国は。
[PR]
by maida01 | 2004-04-28 12:58 | 日本が壊れていく

梅津和時KIKI Band ライブ・アット・メールス・ジャズ・フェスティバル

ライブ・アット・メールス・ジャズ・フェスティバル 梅津和時 KIKI BAND

がやっと発売になったようです。去年のドイツ メールスでのライブです。素晴らしい演奏です。KIKI Bandでこんなに乗っているのは聞いたことがないです。海外公演でミュージシャンも張りきっているのでしょうね。

昔のドクトル梅津バンド(ドク梅)と同じように凄い演奏です。梅津さん演奏も凄いです。早川岳春のうねるようなエレキベース、新井田耕造のバチバチと、かぶせるようなドラム、鬼怒無月の梅津さんとのハモルギターなど、皆素晴らしい演奏です。会場も乗りに乗っている感じがします。あの巨大な体育館のような会場でいっぱいの聴衆が乗ってる様子を感じれます。
[PR]
by maida01 | 2004-04-27 18:39 | 好きな音楽家

図解の話

最近は図解の技術の書籍が沢山出ている。確かに、本や書類をを読むときに表題や図、太線部分などに注目してしまう。

図解と言えば宮城大学の久恒先生が一番有名なんだろうな。数年前にセミナーでお話も伺い、その後の飲み会で名刺も頂いた。面白い先生です。

2年ほど前にベストセラーになった図で考える人は仕事が出来るは図解の啓蒙書で、図解の方法そのものに付いては深くは言及していない。かつ図解そのものを沢山は遣っていない。図解の方が何故良いのかを知りたい人向けでしょうね。
多分、題名が人の気を引いてベストセラーになったのだと思います。

数年前に買った”コミュニケーションのための図解の技術”には、これでもかと言うほどに図解の技術の説明をしてる。1990年出版の本なのでパソコンを駆使しているのではなく手書での図解が多い。図解の方法は多岐に渡って紹介されています。
残念ながらAmazonでは扱っていないようです。もう絶版なのか?
他にも久恒先生の書籍は沢山あります。
Amazonで久恒啓一書籍を探す


開米瑞浩さんのSEのための図解技術はSEを中心にした図解の解説です。
久恒先生の図解は一般的な問題などを判りやすく説明するための図解のようで、開米さんの方は、もっと定量的な分析を踏まえてSEなどが仕事に使うことを考えた解説・方法論になっています。後半ではUML系の話も出てくるので、SEにはとっつき易いとも思えます。実践的でもあります。

開米さんの本でも紹介されていますが、竹内元一さんの
「図解表現」の技術が身につく本―すぐに使えるビジュアル資料作成のノウハウ満載
図解表現ハンドブック―すぐに使えるビジュアル資料作成の技術
は非常に参考になる本です。ともの同じような内容なのですが、始めの方が文庫本で通勤電車などで読むには向いているかと思います。2つ目の要約版です。
2つ目は、元もとの書籍でPHPハンドブックシリーズで手元において参照しながら利用できます。
共に、図の種類、使い方、図解の方法などについて詳細に記載されています。

竹内元一さんのは他にも幾つも著作があり、すぐに使える〈図解〉の技術―図解の基本ルールからパソコンを使った資料作成までなどはパソコンでの図解作成について言及しているようで、より実践的だと思われます。


図解の書籍は図解そのものを中心にしており、確かに考え方、まとめ方についても振れていますが、そちらは問題解決や提案、企画の書籍を参考にすべきなのかと思われます。
[PR]
by maida01 | 2004-04-27 17:48 | これからのビジネスとIT

高齢者富裕層も細分化する必要があると思うが

木村剛さんの
団塊パワーは景気の牽引役となるかから

私も、木村さんの定義の団塊世代の終わりに属しています。現在既に退職されて年金を貰われている人々は一番良い時代のを過ごして、今の良い時の富裕高齢者層だと思います。定年退職した公務員で今年金を貰っている人々が一番良い年金を貰っているようです。

未だ退職前の我々は、これからも年金もないと言われ、リストラにもまれ、給料も削られという層になります。つまり一番お金のない層になるように思っています。


私らの少々上の年代は団塊の世代として多くの競争相手の中でもまれて生きてきました。競争世代なので、パワーはあると思います。退職後も違った世界作ってくれるのではと期待しています。今は80歳などは当たり前の時代ですから、60歳くらいで定年になっても、まだまだ元気に仕事が出来るはずだし、生活のために仕事をする必要もあるのだと思っています。これからは高齢者(セミ高齢者)が自活して行かなければ行けない時代のように思っています。


老後も出来る仕事を作ろうともがいている最中です。

こんな自分を見ていると、とても富裕高齢者層になるとは思えません。


若くて元気に革新的な仕事をして稼いでいる人々もいますし、大学を出ても仕事がなくフリーターも沢山いるし・・・

これからは高齢者も含めて、富裕層と以外とに分けられてくるようにも感じています。(怖い世界です)
[PR]
by maida01 | 2004-04-27 16:46 | 日本が壊れていく

老人医療、保健、病院などの制度への疑問

切ない事件

少々問題点は違いそうですが・・・・


母が倒れてから1年以上意識が戻らず、病院も既に4つ目で、結構大変な方だと思っていました。

先日介護の老人ホームへ申し込みに行くと、幾つかの質問から点数付けされました。母の場合は85点万点中55点です。介護度5という一番の重症であるにもかかわらずです。

世の中には病気で倒れたが、一人暮しの人とか、年老いた旦那だけとか言うような人々が85点などの点数になります。但し、そう言う人々でも、老人ホーム入居に多くの人が待ちの状態です。


医学技術は発達しているので、”母のように生きながらされている”人々が沢山います。今の母の病院にも、”息をしているだけ”の人々が沢山います。
それでも保健で月々の費用は結構安いものです。この費用は国民全体で負担していることになります。

しかし保健制度の問題で、3ヶ月ごとに病院を変わる必要があります。病院探しはある程度家族の仕事で、家族は結構大変です。

長期療養の病院は非常に高く、介護型の老人ホームだとそんなに高くはありません。しかし施設が少なく、定員70名に待ち500名と言うような状況です。
かつ老人ホームはインターネットなどで情報を公開していません。公開すると殺到するからです。介護を必要とする家庭で各自、各老人ホームへ当らざるを得ません。

老人ホーム一覧表だけを区役所から貰えて、10箇所ほどのホームへ電話し、イロウの人は受け入れないと断られ、ホームへ入居申し込みに行っても、55点だから500人待ちの後ろの方ですね・・・と言うのが今の世の中の制度です。

介護する家族が一人の場合にノイローゼになったり、介護疲れで自殺とかは理解できるようになりました。

医学技術の発達で人間が死ぬことを防げるようになるのは素晴らしいことですが、ある程度の年齢になれば老死ということで死ぬことも権利のように思います。

もし生きながらされるならば、看護、介護の設備を充実すべきです。

全体の構成が出来あがっていないように思えます。
[PR]
by maida01 | 2004-04-27 16:24 | 日本が壊れていく

ドラムラインを見てきた

ドラムライン

アップが少々遅くなったが土曜日に渋谷のパルコパート3 8Fで19:00開始:
立ち見になるとの話だったが、満席ほどの混み。

面白い。ストーリーは期待していなかったが、まあまあ。ドラムの上手い男の子が大学に入って、音楽の世界も広がり、周りとの調和を勉強していく話。

話の筋よりは、音楽がカッコイイ。ドラムとかマーチングバンドを好きな人向け。終わりのBETというマーチングバンド大会での音楽勝負がカッコイイ。

マーチングバンドは音楽も大変だが、マーチとか行進のフォーメーションの練習が大変だと聞いていたが、出てくるのは音楽だけ。音楽も少々リズムが合わないような部分もある。

音楽エンターテイメント映画としては非常に素晴らしい映画です。中三の娘とその友達は帰り道で興奮して話していた。

BET大会での演奏は、フットボールのハーフタイムショーで昔テレビで見た時の方がカッコ良かったように思う。綺麗な記憶なだけなのか?


BETとはBlack Entertainment TVとかいうケーブルの放送局のことではないのかな?

Amazonにサウンドトラックがありました。
ドラムライン
Drumline [FROM US] [IMPORT] [SOUNDTRACK]
日本版の方は在庫切れとのことです。

ビデオ
Drumline もありますが、英語版のようです。でも価格:¥1,343 (税込)は安い。音楽中心ですから英語でも良いか。
アメリカでは随分前に公開されているようですね。
[PR]
by maida01 | 2004-04-27 15:43 | 面白かったライブ

アフィリエート再開宣言

Amazon.comがアフィリエートを始めた頃にアフィリエートになりましたが、リンクを張っているだけでは大した売上にはなりません。且つアメリカからの支払いなので今ではGiftにしてAmazom.comからのCD購入時に利用するくらいです。

日本のAmazonでもアフィリエートが始まっときに加入しましたが、数年前に書籍購入時の領収書発行の対応に怒り、アフィリエートを中止しました。

しかしGoodPic.comさんのAmazonのXML Webサービス(REST)はXSLを書くだけでもかなり使える でAmazonのWebサービスは素晴らしいと思いなおしました。

去年Webサービスを調査している時にAmazonのWebサービスのVBAサンプルをVBに移植して、Webサービスの面白さ、Amazonのビジョンに関心しました。

Amazon.co.jpのアフィリエートを再開しようと考えているときに、松永英明さんのウェブログ@ことのはでアフィリエイトには、アクセスよりもクリック誘導と適切な商品が効果的を拝見し、 松本光春さんの『アフィリエイトではじめる ホームページウハウハ副業生活』を読みました。(この本をビックカメラのポイント購入したために、松永さんのリンクから購入しませんでした。済みません)

真面目にアフィリエートで稼いで見ようかと思い、ここで皆さんに何か面白い・興味のある情報を提供し、Amaznoで購入してもらう事で何らかの収入になればと思っています。

その内に、XSLを利用したWebサービスも提供しようと考えています。


”アフィリエイトではじめる ホームページウハウハ副業生活”は素晴らしい本です。売ろうかなではダメで、自分なりの信念、相手/お客の為になる情報提供が必要だと言っています。

始めにホームページの目的をはっきりしろとのことですので、当Blogの目的を;
始めはBlogは何かを知るために自分の面白いと思う音楽の紹介をしようと始めました。
2ヶ月半続けた結果、現在の書く内容は
・面白い音楽の紹介
・今後のビジネスに役立つIT/ITの利用方法
・現在の日本の社会への不満
・海外特にアメリカへの旅など
・日記的な記録
になっています。海外旅行、日記的な部分は別にすべきなのでしょうが、ここまで来てしまったので、このままの分類でしばらく続けようと思っています。

とりあえずAmazonのアフィリエートから実験を始めていきます。
・面白い音楽の紹介からCD紹介
・ビジネスに役立つITから何かのアフィリエートへの連携
にしたいと考えています。

ビジネス+IT系は私の本来のITコンサルへの連携でもあります。ゆくゆくは本名で、自分のサービスへの連携にしたいと考えています。

自分のアフィリエートへの努力をここで報告できればとも考えています。

今後も宜しくお願い致します。
[PR]
by maida01 | 2004-04-25 21:55 | アフィリエートの研究

フリージャズ・カタログ(本)の紹介

上村二男さんの力作”ジャズレコードブック フリージャズ”から始まって、”フリージャズ・カタログ”、”フリージャズ・カタログ3”までの3部作のフリージャズレコード、CDリストです。多分世界に誇れるフリージャズカタログです。
内容はジャケット写真付きでアルファベットで書かれていますので外国人の方でも利用できると思います。
残念ながら3で終了したために、1991年夏で終了してしまいました。
今でもDiskUnionなどでは販売されています。

上村さんは少々前まではフリージャズファンでは有名な方でしたが最近はWebでのレコード販売に専念しています。

Spontaneous Music:フリージャズレコードからスタンダード系まで非常に多くのレコードを販売しています。珍しいレコードも沢山あります。興味ある方は一度ご覧ください。
http://www.h3.dion.ne.jp/~spotani/

ちなみに私は何も上村さんからは貰っていません。単に素晴らしい本なので紹介しています。フリージャズファンは買わないと損です。
[PR]
by maida01 | 2004-04-25 20:01 | 好きな音楽家