<   2004年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧

ExciteBlogでまたトラブル?

今日、夕方6時過ぎにコメントへの返事を書いたが、動かない。変だなと思ってブロッグセンターの最新投稿の時間を見ると、16:00過ぎ以降の投稿がない。2週間程前のトラブルと同じようだ。
18:50に回復したようだ。

こういうサイトの運営も大変だな。

しかし18:00過ぎに見た今日のアクセス数が今の変わらない。4時間以上も変わらない。本当に誰も見ていないのか?Exciteがアクセスログを開放してくれるか、忍者ツールのようなサービスを付けることを許可してくれれば判るのになー

(最近アクセス数が未だ多い。本当に定着して多いのか間違えなのか、気になる:コメントもTBも全然増えていないのに)

面白い:別ブラウザーでログオンせずに自分のBlogを見たが、アクセス数が変わらない。これはアクセス数の表示への反映をある定期的に実施してるためか?はたまたアクセス数の部分は未だトラブッテいるのか?
(システム屋としては面白い部分です)
[PR]
by maida01 | 2004-05-30 22:19 | よた話

会社の変わっていく様子を見た気がする

なぜ、ソフトバンクは日本テレコムを買収したのか

とうとうソフトバンクは電話系にまで手を出した。この記事で良い得ているのかは疑問だが、ソフトバンクが買収るす会社ではないような気がするが。


それより日本テレコムの落ち込み具合に、何となく思うところがある。

10年程前に日本テレコムの数人と新規ビジネスの話合いを続けたことがある。

当時の日本テレコムはJRからの独立、JR路線に沿った光ファイバーという大きな財産を持ち、JRという大きなバックと大顧客がいて安泰していた。

日本テレコムの社内体質は旧国鉄のままで、非常に古く、当時でも急激に変身していく情報通信には向いていなかった。

心ある若い課長クラスの人々は”このままでは潰れる”と当時から日本テレコムの将来を心配し、情報通信業者としての新規ビジネスを模索していた。

何年も話だけしていても決まらないだろうと言う思いから、ある特定分野のビジネスについてのビジネスプランを作るための調査を提案。非常に安い金額での提案なのに上層部からの承認が遅い。やっとOKでもコンサルの成果物に対して、機器導入などと同じ性能要求のような契約書。
アサインされた担当者も旧国鉄から来た研究タイプの人で、他社のノウハウを盗む的な仕事の仕方。機器の性能を確認するような仕事振り。最後にはアメリカから来たの女性専門家を怒らせてしまう。

詳細に書くことは難しいが、会社の体質を見た気がした。

その後10年近くの間に、JR保有の株も売却され、ボーダフォンとなり、その後リップルウッド、ソフトバンクと数年間であちこちと売却されていく。

数年前に知合った日本テレコムの友人も去年退社した。ボードフォンに買収されて沢山の人が去っていったようだ。優秀な人ほど先に辞めていく。

ソフトバンクになっても、不要部門は切り捨てられ、新会社のマネージメントと合わない人々は退社していくことだろう。

会社も変わっていく。10年前は大企業だった日本テレコムも名前すらなくなるかもしれない。

大会社だからといって何時までも安泰だと思ってはいけない。常に真面目に当然のこととして改善・改革、事業の見直しをするべきだ。経営者は大変な仕事です。表面的にしか対応しないマネージメントも会社を腐らせていく元凶です。事なかれ主義/会社を変える気のないサラリーマン/マネージメントが会社を腐らせる。

10年前に日本テレコムも改革を真剣に考えていれば、今でも安泰だったのでしょうに。
[PR]
by maida01 | 2004-05-30 20:55 | 日本が壊れていく

実際的なシステム開発手法

a0000893_04456.jpg数週間前に出席した勉強会でシステム開発、プロジェクトマネージメントの教育などを仕事としている株式会社イマジンスパークの深沢隆司氏と会う。

IT業界の現状、音楽の話などで盛り上がりました。

帰り際に技術評論社から最近出版されたデスマーチよ!さようなら!を頂きました。

本書は前半に現状のシステム開発の問題・あるべきプロジェクトマネージメント、後半で深沢さんの考案されたスペックパターン開発プロセスの話になっています。

深沢さんの体験から出てきている問題・解決策・開発方法論で非常に参考になります。
多分、何人かの問題のあるプロジェクトマネージャの元で仕事をされたのでしょう、問題点・改善点が実際的です。確かに今の日本の問題で、通り一遍の教育をしたり、年数を経ればマネージャに上がっていき、能力もないのにプロマネになるケースが多いようです。会社でも実施すべき規則があるにも関わらず何もせずに、単に現場のSE、プログラマーにやれしか言わないPMが多いようです。
それを改善したくて深沢さんはPMIの資格まで取られたのでしょう。

PM、SE自身がIT用語に騙されて/信じ込んで、IT用語でお客を煙に巻いて、お客の為にもならないシステムを開発してしまうケースも多いように感じます。

本書で言われているように、真面目に当たり前のことを地道に客のビジネスを考えてシステム開発をしていくことが、システム開発・プロジェクトマネージの基本でしょうね。

後半のスペックパターン開発プロセスでは、お客とのコミュニケーションが重要で、そのためにモックでお客のイメージを確認し、詳細に渡って実現すべきシステムへの要求・機能をドキュメントで明確にして、それをシステムとして実現することだと言われていると解釈しました。システム開発では実現すべき機能を詳細に明確にしていくことが重要です。
お客とのコミュニケーションのためには会議が必要で、会議では決定事項などを明確にしていくために、議事録が重要とも言われています。これもお客の要求を明確にする手段、システム仕様を詳細化する手段としては適切でしょう。

お客の言うことだけでなく、現場を見るということが重要も理解できます。お客が言っていることが現場ではどう利用されているか・実現すべきかの理解には役立ちます。言葉だけでは誤解もあります。お客の言っていることが間違っていることもあります。現場を見ることで、業務を本当に確認したり、言葉の違いも確認できたりします。


現場の体験から出てきたプロジェクトマネージャへの指針、開発方法の参考例として非常に役に立ち実践にそのまま適用できる、もしくは反省材料として、多くのプロジェクトマネージャ、SE、プログラマー、IT業界の人々、IT業界へ仕事を依頼するお客側の人々にも役立つ本だと思います。是非一度お読みください。

Amazonなどの書評も参考になりますし、以下のBlogの書評も参考にしてください。

参考Blog
デスマーチよ!さようなら! by 読書日記

2004年04月07日(水)   心の波の調整  /  お仕事 by Myblogの漢

追記:
出来あがったドキュメントを関係者全員の会議で読み上げて確認という項目があります。始めは大変じゃないかと思っていましたが、実際に皆で読んで確認することで、見落としている部分などを発見することに気が付きました。
(私がQAerとしてシステムのレビューをしていて気が付きました)
[PR]
by maida01 | 2004-05-29 22:52 | これからのビジネスとIT

アフリカ・バンバータとジェームズ・ブラウン Unity

ユニティ
アフリカ・バンバータとジェームズ・ブラウン2人だけのラップでの競演です。

Unity、Unityと2人の叫びから始まる。凄い音とリズム感。JBとバンバータという組み合わせも凄かった。

レコードを買って直ぐに新宿の行き付けのジャズ喫茶で開店前にレコードをかけてもらうと、凄い音量で驚き。2人のラップだけなのに、迫力にもビックリ。

でも、Amazonでは1993年発売のCDになっていて、またもや在庫切れ。廃盤だそうです。

(私は古過ぎるようだ。CDでも廃盤なのに私はレコードで持っている)

ジャケットの掲載しているサイトを探したが見つからない。代わりに録音の解説のあったサイト
1984年リリースですからやはり古いな。
[PR]
by maida01 | 2004-05-29 12:43 | 好きな音楽家

またもやビル・ラズウェル

続ビル

(コメントから始めたのですが、またもや長くなりそうで)

ほー、最近の動きは知りませんでした。Future Shockは受けを狙った作品としてCDも買っていません。

もう20年以上も前に渋谷のDiskUnionで初めてマテリアルのMemory Servicesが掛かっているのを聞いて衝撃を受けました。その後立て続けにマテリアルのレコードを買って、ビル・ラズウェルのファンになったのですが・・・・・

今の彼への評価は変わってしまいました。最後に聞いたのはLast Exiteのコンサートが渋谷パルコであったときだと思います。ペーター・ブロッツマンとソニー・シャーロックもLast Exiteのメンバーでした。タイコは誰だったか?

マサカーもライブを聞いたな。タイコがフレッド・マーでギターがフレッド・フリスだったと思います。

マテリアル時代は大体好きです。その後のOne Downとかも良いし、マサカーもLast Exiteの始めの頃も良いですね。

忘れていました、大切なグループを。ゴールデン・パロミノス。凄いグループでした、スピード感と音のバラエティと想像できない音の展開。アントン・フィアーはこちらのグループだったようです。(ゴールデンはアントン・フィアーのグループのようです。失礼しました)

Amazonで調べると、
山下洋輔さんのCDにも入っていますね。エイジアン・ゲイムス

驚き、大友良英/芳垣安洋と一緒にCD(タイトル未定)を作ったようです。これは聞きたいですね。
大友は今はImpro系の中心ミュージシャンです。芳垣は梅津さんのバンドでも叩いていた素晴らしいドラマーです。おまけに販売元がPバイン。元々はブールス専門だったのに。
スープと言うのもあり。

ビル・ラズウェルで探すと74つも出てきます。

他に好きだったAmazonで探せたCDは
ベース・ラインズ
シティ・オブ・ライト
ベスト・オブ・アーリー・マテリ
ベスト・オブ・ザ・ゴールデン・パロミノス

これら全てのCDが在庫切れでした。売れていないんでしょうね。

マテリアルもゴールデン・パロミノスもベスト盤しかない。古すぎるのか?良いグループ、良い音楽だったのに。

Infoseekでは節操のない男として紹介されています。節操はないようにも思いますが、好きな音楽を好きなようにプロデュースしているようにも思えるが。
ここではレコード、CDも沢山紹介されていますが、マテリアルのMemory ServicesとかOne Downがないな。
[PR]
by maida01 | 2004-05-29 11:54 | 好きな音楽家

思考を助けるソフト(3)iEdit

a0000893_95056.jpg思考を助けるソフト(2)プランニングフロー の続き。

ひできさんのHPO:個人的な意見で紹介されたブログとマインドマップとiEdit
(失礼しました。お名前を間違えていました)

iEditという凄いソフトです。しかも無料。

以前紹介したIdeatreeとPlanningflowを組み合わせたようなソフトです。

未だ使い始めてはいないので、詳細機能は判っていないのですが、機能的には凄いです。

4つのパートに分かれていて、左上がアウトラインでツリー状にアイデアを書いていく。つまりアイデアツリーのアイデアを書いていく部分と同じ。それが右上に各1行が箱状に入った図になる。この図はボックスだけでなく丸とかにも変更できて、サンプルの図にあるように線で接続できる。この部分がPlanningFlowと同じ。但し、ネスティングされたアイデアは別のもう一段下の図になります。
右下には各アイデア毎に詳細を書込める。ここがアイデアツリーのテキスト部分になります。左下がリンクとかを付けられるようです。この部分はアイデアツリーでは裏に隠れてしまう機能です。
XMLとかHTML形式での書出しも出来るそうです。


昔から使っているアイデアツリーの機能と、図にしたいと思って数ヶ月前から使い始めたPlanningFlowに変わるツールか?アイデアツリーでも図に展開できるのですが、図が1つのパターン(ボックスでの相関関係図)だけで自由度が低い。

ただ、少々使ってみるとアウトラインの部分の移動方法が普通というかマウスで移動のボタンをクリックする必要がある。アイデアツリーではCtrl+(矢印)で簡単に上下、ネスティングの移動が簡単に出来る。この辺が単体ツール(これは私の使い方が単機能だと思いますが)と複合ツールに違いか。

アイデアツリーで作ったアイデアを取りこめないか:
試したが、ネスティングが取込めない。アイデアの移動がアイデアツリ-より面倒なので、取込んでからの編集は難しいようです。

ひろさんのBlogではご自分の投稿記事の関連図を作られていて、面白い使い方をされています。それだけ考えをまとめて投稿記事を書かれているのでしょう。

フリーのソフトです。お試しください。
私も何か作って投稿に利用しよう。

Windows 98/2000/XP で動作確認だそうです。
Win95では動かないのか?(未だに95の古いPCも使っています)
[PR]
by maida01 | 2004-05-29 09:52 | これからのビジネスとIT

久々にビル・ラズウェル

M-BASE派

久々に拝見して、ビルちゃんの話なので、コメントさせて頂きます。と言いながら、毎回のようにコメントが長くなってTBにしています。

ビル・ラズウェルは確かにプロデューサーですね。出始めの時はベーシストで少々売りましたが、やはりプロデュースですね。しかし最近は良いものを聞かないです。彼も良かったのは、もう10年以上前だと思います。マテリアルで出てきたのが20年以上前で、その後マサカーの迫力も凄かったですが、このグループはレコードも少なく活動も少なかったですね。
その後がLast Exiteです。これは結構評判は良く、日本から坂田明さんも録音に参加したことがあると思います(違うかな?)

10年程前にプーさん(知ってるかな?菊地菊地雅章さん)のCDをプロデュースしましたが、良くなかったです。

菊地さんは、30年程前に日野テルさんと同時期に流行ったピアニストで当時は凄かったです。ダブルドラム(岸田恵二と村上浩(当時は大流行りだったケメコ笠井紀美子と結婚)、ピアノがプーさんと弟のダブルで、ベースは覚えていない、フロントに峰厚介ともう一人いたと思う。良いバンドだった。

あれ以後、ビル・ラズウェルの名前を見ないが、今はどうしているのか?

ビル・ラズウェルでは”ワンダウン”というレコードも好きです。完全にロック系ですが。あーハ-ビー・ハンコックのFuture Shockという大ヒットの録音はビル・ラズウェルです。今ではこのレコードは殆ど知られていないかな。
(酔っ払って沢山書いてしまいました。あしからず)
[PR]
by maida01 | 2004-05-29 01:09 | 好きな音楽家

何だか読めない日本の状況:やっぱり経営者が不味い?

絶体絶命UFJの命運<2>
あきれ返りものも言えない 石原国交相、告発も検討

前から言われているようにUFJは危ないし、三菱自動車はどうしようもないし、何だか日本の経営は暗いニュースばかり。

我々の税金で何とかと言う話はして欲しくない。社員とその家族の方々、下請の会社の方々にはお気の毒ですが。やはり正しい経営をしていないといけないですよね。

かと思うと <貿易統計>黒字3カ月連続1兆円台 4月
でも、これは何か変だな?

オイルショックに怯える企業の悲鳴 という話や、最近の円の少しずつの下落とか、気になることが多い。
マスコミも余り騒いでいないけれど、大きな問題の前触れじゃないか?


異例の迷走 NTTドコモ社長人事
これも毎回。数年前に大星さんを会長として残す時も、ドコモとNTTで揉めたし。大会社での権力争いが外に見えるようでは拙いな。
NTTもドコモも奢っているのではないか?
[PR]
by maida01 | 2004-05-27 13:30 | 日本が壊れていく

やっぱりアメリカは鎖国化へ?

田中 宇さんの国際ニュース解説 世界から人材を集めなくなったアメリカから

最近アメリカの入国が煩くなっている話やなんだかんだと、9・11以後アメリカが孤立化というより鎖国化へ向かっている、と思っていたら、田中さんの見解も同じようです。

多分、今までは第一次世界大戦でも第二次世界大戦でも、ベトナムでも全てが自国外での戦争で、自国が狙われることがなかったので、9・11で怖くなったのだと思う。9・11事件発生直後、ブッシュがどこかへ雲隠れしていたと言うのも、怖くなってか?はたまたアメリカ大統領で避難すべき人だったからか?

真珠湾攻撃の時と同じように、9・11も事前に情報を察知していたにも関わらず、わざと攻撃させてイラクへ攻め入る理由にした、という説もある。しかし予想以上の被害に驚き、臆病になっているのでしょう。

田中さんの解説でも、アメリカはインド・中国へのIT系アウトソースを嫌っているとか、海外の研究者の入国を絞っているので研究者が減るとか、アメリカも大きく変わろうとしているようです。

600年だか800年周期で世界の覇権が欧米とアジアを行き来する説によると、今世紀に人類史上最強の国アメリカが没落していくそうです。

いろいろな現象を繋ぎ合わせて見ていくと面白いものです。田中宇さんはフリーのジャーナリストのようで、一般公開の情報を繋ぎ合わせてニュース解説をしているようです。一般の新聞・テレビより面白い見解を無料のメールマガジンで発信してくれる。一度講演会ででもお話を伺いたい方です。


一般人としてアメリカの生活、通常のアメリカ人などは好きだけれども、アメリカの世界政策とかは嫌いだ。


アメリカも壊れていくようですが、日本もどうなるのか?今が日本が転換すべき良いチャンスでもあるのかもしれない。幕末の時のように素晴らしい日本のリーダーが出現することを期待したい。

(追記:9/9/2004)
文明法則史学研究所と言うサイト
http://www.ktroad.ne.jp/~bunmei/index.html
で村山節さんなどの、800年の準備期(低調期)と800年の文明期(高調期)などの文明法則史学という解説がある。
後で勉強させてもらおう。
[PR]
by maida01 | 2004-05-26 13:13 | 日本が壊れていく

変なビールスが続出してどうなっていくのか

佐賀でコイヘルペス広がる コイ三匹から陽性反応

相変わらず、変なウイルスが発生している。どうしてこう言うものが突然のように発生するのか?

鳥インフルエンザ、SARS、狂牛病、豚コレラ、ウエストナイルウイルスと世の中どうなっていくのだろうか。毎年のように新しいビールス、病原菌が出てくる。

HIV患者の数も先進国で日本だけが増加してるそうだし、日本の将来が心配だ。政治とか経済だけの心配ではないな。
[PR]
by maida01 | 2004-05-25 11:13 | 日本が壊れていく