<   2004年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

逆効果のマーケティング

先日感激して紹介させていただいた書籍(少々読んでもらえれば判るが、あえて名指ししたくない)。Blogで紹介したこと、感激しましたとメールをしたが返事はなし。メルマガにも登録し、その後記事が良かったとメールしたが返事はない。

著作でDMにも相手の名前を入れて呼びかけると、非常に良い効果が得られる。そのためのツールまで紹介されている。驚きの方法、自身の全ての手法を紹介されている素晴らしい書籍です。


しかし、先日のDMで

ブログというのはウェブ上に記録する日記のようなもので、システムやサービス自体は以前よりあるので、あなたも何となく想像がつくでしょう。もちろん知っている、使っているかもしれませんが。

ときた。著作に感激してBlogで紹介したと言ったでしょ。

その後のDMでは

今回は「英語」についてちょっとお話を。
・・・・・
この本を読むと、あなたの人生の可能性を大きく飛躍するかもし
れない英語の魅力を知ることでしょう。興奮するよ!?


と言われて、Amazonとのリンクがあります。

一応英語はベラベラなので、”xxxxさん”と呼びかけるDMを受け取ると、”何で俺に英語の書籍を紹介するの”という疑問になってしまいます。あなたのことを知っていますよというコンセプトの呼びかけメールなのに、何だよ俺のことを知らないじゃないか、となってしまいます。

研究不足が伺えます。書籍では”お客さまのステージ”として、見込み客->新規客->リピート客->ファン客と、お客をファンに持っていくことが必要と言っています。素晴らしいなと思い、仕事でも利用させてもらおうと思っています。

しかし、ファンになってくれた人を失わない対策が抜けているようです。ファンを失望させると、大きな敵(的確な反対意見を言う人)になるように思います。

通常、新規客の獲得より、既存客のリテンションが費用が少なく、効果的といわれていますよね。

既存客、ファンの意見は丁寧にフォローすべきですね。

本来ネットで商売する人は、メールには直ぐに反応しないといけないでしょうね。

会社のワンツウワンの再構築に絡むようになって、この辺りを勉強しているので、余計に感じるのでしょうね。マーケティングなど人を相手にすることは常に研究して変化・発展していくことが必要ですね。勉強になりました。

(数年前にも、この方のメルマガを購読していたのが、同じような感じを持って、購読を中止したように記憶しています)
[PR]
by maida01 | 2004-07-31 12:07 | これからのビジネスとIT

マ-ク・ドレッサーとジム・ブラックが良かった

7/27 Satoko Fujii TRIO+One@新宿ピットインに行きました。

久々にPitInnがいっぱいになるのを見ました。藤井さんも2年分の客が来たと言ってましたが、立ち見の人が出るくらいですから、結構驚異的な入りだったんでしょうね。

前日夜に電話予約で55番目と56番目だったので、大したことはないかと思ったんですが。

演奏は全て藤井さんのオリジナルのようでした。いっぱいの聴衆のアンコールへの曲まで素晴らしい演奏でした。しかし、私の好みのインプロバイズド・ミュージックではなく、モダン系だったようで、少々私の好みからは外れる演奏もありました。

藤井さんが単なるピアノニストだけでなくリーダーとして全てを取り仕切っり、世界のマ-ク・ドレッサーとジム・ブラックも従ってるグループです。藤井さんの力を感じます。少々演奏が長いかなと思う曲もありましたが、まあ私の満足度は60%位でした。

2年前と4年前にも同じ面子で演奏しているそうです。以前はドラムのジム・ブラックはまあまあかと思っていましたが、昨夜は非常に良かったです。リズムも完全に合っていましたし、おかずの入れ方、遊びの叩き方、田村さんとの掛け合いなど、楽しい演奏でした。

マ-ク・ドレッサーはさすが素晴らしい演奏で、現在の最高峰のベーシストを実感しました。演奏自体も良かったですし、音の大きさ、同時に低音と高音で雑音を入れての奏法と素晴らしい。

田村さんは元気がないのか、何時もの面白い演奏が少なく残念。今回は6公演で高松、大阪、飛騨、名古屋と車の運転をしてきたとのことなので、疲れていたのか?ジム・ブラックのおもちゃのラッパ(?)との掛け合いは面白かった。会場での何人かの人が乗って声を掛けていた(当然私も)。

本日は深谷のEggFarmでのライブで録音もするそうです。EggFarmは音の反響も素晴らしく、ピアノの調律も非常に良く、演奏者が自分達の音で乗る会場です。素晴らしい演奏・録音になるでしょう。行けないのが残念です。


終演後、マーク・ドレッサーと少々話しましたが、来年6月にミシガン州カラマズー市でベース・フェスティバルが開催されるそうです。2年前のフェスティバルでは日本からは斎藤徹さん始め数名のベーシストが参加しました。斎藤さんから聞きましたが1000本のベースが同時に並んで演奏する模様は見ものだそうです。是非行って見たいのですが・・・・・
[PR]
by maida01 | 2004-07-28 13:30 | 面白かったライブ

”全頭検査の正しい知識”を発見

さいもんさんの日常/非日常Blog全頭検査の正しい知識から

池田正行先生の全頭検査の正しい知識を読みました。もっと詳細はBSE騒動の本質にあります。長文なので未だ読みかけですが、これで池田先生のご意見からBSE問題が理解できそうです。

日本の行政にもアメリカにも問題があるそうです。

日本の全頭検査は無駄で
”1.日本は,欧州と同様,24あるいは30ヶ月以上齢の牛の検査に切り替える.
2.米国も同様の検査体制にさせる.
3.米国における特定危険部位除去の厳密なチェック体制
4.米国における肉骨粉使用の全面禁止 ”

だそうです。

山口さんのBSE問題:なんでこうなるの?にコメントしたんですが、どうも真相はもっと深そうです。

NYの千里眼さんも可也この問題には言及していたのでTBしておきます。
http://thousand.exblog.jp/477413/

皆さん勉強しましょう。

池田先生はお医者さんのようです。おかげでUniversity Hospital Medical Information Networkというのも始めて知りました。何だか沢山勉強になりそうです。

さいもんさん、ありがとうございました。いやーBlogは本当に勉強になりますね。
[PR]
by maida01 | 2004-07-25 19:27 | これからのビジネスとIT

デジタル商品の問題

山口さんの違法コピーがテロ資金ににコメントを書いていたら、Cocologメンテナンスモードになってコメントできず、TBにしてしまいました。

山口さんの内容は、違法コピーCDがテロ資金源になっている、これも音楽CDコピーの問題の1つとの提起です。


デジタル技術が発達したので、デジタル流通できて製造原価と販売価格が差が大きい商品が、ブラックマーケットのターゲットになるのでしょうね。
デジタル流通であれば、販売元を隠すのも容易いでしょうね。上手い回収の仕組みが出来上がれば、ブラックマーケットには最適な商品群になりますね。

以前、書籍販売の話の木村剛さんへのTBから埼玉大の並河先生とのTBのやり取りをしたことに戻ってきたようです。

何だかいよいよデジタル商売の作りに入ってきたようです。考えて見よう。
[PR]
by maida01 | 2004-07-23 18:19 | これからのビジネスとIT

雇用形態も変わるべきでしょうね

波多野BlogのNo,18 「変わる!雇用形態」へTB。

内容は、2004年7月22日付の日本経済新聞1面には『新社会論第5部トンネル抜けたら4:職場が「るつぼに」なる』と2004年7月22日付の日経産業新聞22面には『ICって何?』という記事へのコメントです。

”個人の能力を企業から業務単位で請け負う”のがIC(インディペンデント・コントラクタ)の意味だそうです。


ウィークリー社員からマンスリー社員で正社員という話とは違いますが、昔勤務していた幾つかの米国企業では自宅で仕事をしている社員が沢山いました。今はネットワークの時代ですから自宅からでも出来る仕事も沢山あります。子供の面倒を見なければいけないなど家庭にいなければならない人にも働くチャンスが沢山あると思います。

私の現在の仕事は提案が主になっていますので、実際に会社にいる必要な時間は限られています。しかし、会社では出勤していなければいけないという規則になっているそうで、会社で我慢して仕事をしています。

毎日毎日決まった時間に出勤して、決まった時間までは束縛する、今のサラリーマンの形態は、その内に変わらないと伸びる社会にはならないのではと思っています。時間拘束する考え方は、社員(人)を時間でしか測れない表れです。社会/会社が人を成果で見れるようになると、社会構造大きく変わっていくと思っています。


現在の雇用形態の変な部分も変えるべきですね。大昔からの引き続きで少々おかしさを感じている規則が沢山あります。私のような年いった人間を雇用するのに、未だに「保証人」とか「試用期間」とかの規則のある会社ばかりです。新卒を採用する場合の規則なのでしょうが、誰にでも当てはめるところが変です。この辺は誰もが変だと思っているにも関わらず、変えようとしていないです。(私の言うことを聞くなら変えていくんですが・・・)

最近の企業は信用できない会社も多いので、雇用される方で「保証」を貰いたいような会社も沢山見受けます。
[PR]
by maida01 | 2004-07-23 13:34 | これからのビジネスとIT

Blogへの投稿ロボット?BlogへのSPAM?

http://music.exblog.jp/574307/
http://music.exblog.jp/574554/
http://music.exblog.jp/611526/
http://music.exblog.jp/627322/

昨夜、海外とおもわれる”online casinos”なるサイトからのコメントが4つの私の投稿についた。内容は全て英語だし、リンク先はBlogでなく、Diamond Online Casinosというカジノサイトである。
http://www.diamond-online-casinos.com/

1つのコメント"Very useful comments - good to read "でGoogleで検索をすると3,230件も引っかかる。最初のヒットはCNetの山岸広太郎さんのBlogだ。あちこちのBlogへ定型パターンのコメントを入れているようだ。

別なコメント”I have always looked for a possibility to find information as quick as I can. Now there is the internet. And I really appreciate people like you who take their chance in such an excellent way to give an impression on certain topics. Thanks for having me here.” はGoogleで3,410件。

”congrats mate! Fine job and fine site!” 2,780 件

”Excellent, that was really well explained and helpful ”2,790 件

ということで、上記4パターンの文章でのSPAMです。

これも何かに利用できるように思うが・・・何か良いアイデアはないですかね?ロボットもいろいろと使えそうですが。

BlogへコメントとかTBすると、リンクが増えるのでGoogleでは上位に表示されるようです。
しかしonlineとcasionsのキーワードで検索しても、このDiamond・・・・は始めのページには出てこない。効果が薄いということか?

Diamond Casionsさんの目的が良く判らないですね。

Blogが流行れば、またいろいろなことが起きてきます。
[PR]
by maida01 | 2004-07-23 10:30 | これからのビジネスとIT

あなたの頭脳タイプ <Da型>新感覚推進タイプ

またまた占い(?)
We all follow Unitedのmanutd04さんのあなたの頭脳タイプは? で紹介されていて、点してしまいました。

社長になれる度数99%で
”あなたは既に何らかの形で、代表か社長またはリーダー的存在で活躍していることでしょう。一風変わった感覚を持った個性派です。自由主義で枠 にはまらず、規制されることを何より嫌います。
しかしその個性は尊重されるべきで、若い時代には多少窮屈かもしれませんが、めげずに独自の道を歩んでください。
基本的には図形的空間的センスに優れているので、芸術や都市計画・環境な どの分野で大きな視野をもち斬新な発想をもって望んでください。”
とのことです。

”[相性判断]
◇Ba、Bb、Bc型の人とコンビを組むとあなたの発想は現実味をもちます。
◇あなたをもうひと回り大きくしてくれる人はDb、Dc、Cb、Ccの人達です。 ”

だそうです。manutd04さんは私をひと回り大きくしてくれるようです。

”●あなたの知能領域(考えたり憶えたりする材料 )
あなたは、ものの形・位置・方角などを材料に
『図形的にとらえ』考えたり憶えたりする能力に優れています。”
というのは当っていないようですが・・・・

”●あなたの知能活動(どのように頭を働かせるか)
『転換的思考型』
ひらめきが良く、逆転の発想などまったく別の角度からの視点をもって考えられるタイプ。発見・発明タイプ。 ”
は少々当ってるかな?


お試しください。
http://www.passpal.co.jp/check/check0.html
”あなたの脳内チェック”
あほさがばれそうな人は気を付けて下さい。

(追伸)
ExciteBlogの”他の送信先URL”へのトラックバックは効いていないですね。
[PR]
by maida01 | 2004-07-22 18:59 | よた話

大企業はイノベーションの担い手になり得るか?

yoshinoriuedaさんの投稿に私の名前が出ていてビックリ。TBへのTBを頂いたようです。中々面白くなってきました。
http://entre.exblog.jp/693494/

私の前のTBは確かに「イノベーションを実現するには経営者の方針・指導力の方が問題」という主旨です。TB後に一度は話がずれているかなと考えました。しかし米倉先生の書名は「企業家の条件」ですし、そこでイノベーションと言った時に、製品のイノベーションではなく企業のイノベーションと想像し、私のTBの主旨でも間違えはなさそうだと思った次第です。

こんなTBをしながら「企業家の条件」を読んでいませんので、想像で書いています。本を拝見してからTBすべきかとも考えたのですが、殆ど想像で再度TBさせてもらっています。

私は企業そのものへのあり方に疑問を感じているので、このような話になっています。

米倉さんの論点は製品・技術のイノベーションですか?であれば、確かに製品とか技術へのイノベーションであれば大企業は大きなイノベーションの担い手でしょう。

私自身も昔大企業にいて、今の大企業の子会社に勤務していて、日本企業の改革は難しいなと感じています。いや殆ど確信しています。

何故か。社員が現状に安住してしまっている。社長も殆どサラリーマンで、変革への意欲がない。その証拠が三菱自動車、ふそう、山一、雪印など枚挙に限りないです。

このような会社ではトップに企業改革への強い意識がないと会社が変わっていきません。製品や技術だけが革新できたとしても、限界があります。変わって行かない会社は、その内に淘汰されます。当然お客様・社会の変革を常に意識しての変革が必要です。
いくら一般社員がイノベーションに向かっていても、経営者が認めないと限界があります。

日本でも経営者として素晴らしい人の話を良く聞きます。しかし全体としては少ないように感じています。米国のように企業として素晴らしい経営者を育てるシステムになっている会社が日本にもあればと感じます。


現在の日本では沢山のMBA取得者がいますが、本当に経営が出来ている人を見ることが少なくなりました。

ハーバード出の社長で、第二次大戦中の竹槍で米軍へ突っ込むような経営をするかたとご一緒させて頂いたことがあります。頭は良いかもしれませんが、経営、社員の気持ちを理解していないです。当然お客様の気持ちなどは全く考慮していませんでした。会社を変えようとしましたが、社長の理解がなく非常に難航しました。
日本では人を見る眼がなく、肩書きばかりで人を計ることが多いです。この方も、その後も2社ほど社長を継続しています。

(何だか上手く言い切れていません。良い言い方が見つかれば、再度投稿したいと思います)

(Exciteさん、TBを自動的にしてくれたのは良いが、自分の投稿中にTB先を付けるには別なキーだかが必要なようですね・・知らなかった:前は自動的に付いていたのに)
[PR]
by maida01 | 2004-07-20 13:28 | これからのビジネスとIT

RE:ふじすえさんの就職祝い!==>残念 中止

追記:残念ながら中止になったそうです。


ひできさん達の呼びかけでふじすえさんの就職祝い!をやるそうです。

Blogで知りったふじすえさんが参議院選挙に当選され就職祝いです。

・日時: 7月24日(土) 19:00~21:00頃
・場所: 未定(多分新橋周辺?)
・会費: 未定
・参加予定者:ふじすえさん、nimさん、miyakodaさん、ひでき
*参加ご希望の方は、日付がさまっておりますので、どしどしコメント、トラックバック、メールにて手を挙げてください。
・幹事:nimさん、miyakodaさん、ひでき

だそうです。参加希望のかたはひできさんのBlogへどうぞ。

実際に話をするとふじすえさんの人柄も判ります。

しかし無職から一足飛びに参議院議員というのも凄いし、Blogでのサポートというのも面白いですね。新しい時代を感じさせる。

ふじすえさん、将来の日本良い方向へするような政策をお願いします。


前回の選挙前の集まりでは、政治、Blog、インターネットなど楽しいお話ができました。今回も楽しいお話ができることを期待しています。
[PR]
by maida01 | 2004-07-17 10:53 | よた話

思考を助けるソフト(4)Wema

またまた凄いソフトを発見。

http://www.mikihoshi.com/wiki/wema.cgi?page=FrontPage

未だ私は実用には使っていないのですが、Wikiに乗ったメモを画像のように貼り付けて、線で関連付けもできて、オンラインで修正、追加、内容はWikiにドキュメント化できます。
お試し広場もありますから、実際に書き込みも試せます。

驚きです。何処かに無料でのサービスがないか探しています。

Wikiも凄い仕掛けだと思っていましたが、その上に乗る図解ソフトはまた凄い。

作成者のkan fushiharaさんのBlogです。

先日のCNetの梅田さんのPCに残る仕事、残らない仕事
,渡辺さんのPCクラッシュ、メディアとしてのBlogと考え合わせると、殆どの仕事、作業がインターネットに乗ってしまいそうです。



凄い世の中になったと思います。後はやっぱりExcelだな。誰か知りませんか、インターネット上でのExcel機能?

(興奮して幾つもTBしてしまった)
[PR]
by maida01 | 2004-07-16 12:55 | これからのビジネスとIT