1つのPCで複数のブラウザで正しく表示される理由

今年からIT系試験問題作成の手伝いを始めた。
他の人の問題でプロキシでのアドレス変換の問題があり、何故プロキシでは戻ってきたブラウザの要求を元のPCへ返せるのかの疑問が出てきて、調べることになった。

何故PCで複数ブラウザに正しいページが表示出来るのか疑問だったので、調査を引き受けた。

疑問は何かというと、
社内のプロキシではIPアドレスを1つのアドレスに変換してWebサーバに要求を出すが、戻ってきたHTMLはプロキシのIPアドレスに戻ってくるから、プロキシで何かの変換テーブルがないと元の要求もとのPCへ戻せない。この変換テーブルとは何かな?というのが疑問です。

結果は、IPアドレスとポート番号で変換して関連付けしているそうです。

でも調査は大変でした。すんなりと出てこない。Googleでアドレス変換などとやっても、出てくるのはトンチンカンなページばかり。NAT(ネットワークアドレス変換)ではないらしい。アドレス変換にも幾つかあるようで、明確に書いていない。インターネットの沢山の技術がからんでいて、内容を良く理解していないので、読んでも判らなかったのかと思いますが。

本も探したがピッタリなのはない。とりあえず簡単そうなネットワークの本を買って読み始める。

あちこちの情報を寄せ集めてやっと判ったと思った時に、良く解説してあるサイトを発見。
MM-LABO.COMのIPマスカレード(IP Masquerade)
http://www.mm-labo.com/computer/tcpip/ipaddress/IPMasquerade.html

ネットワークのおべんきょしませんか?のルータ(アドレス変換 IPマスカレード)
http://www.n-study.com/network/ipmasq.htm


NATではIPアドレス変換しかしてくれなくて、PCとかサーバのプログラムと関連付けるのは各PC、サーバで振るポート番号でした。これをIPマスカレードと言うそうです。

a0000893_13135252.jpg



自分で図まで書いてしまいましたが、
ブラウザでURLを指定し、サーバのポートはデフォルトの80にして要求を出すが、要求元である自分のPCのIPアドレスとポート番号も発信するそうです。このポート番号とプログラム(この場合はブラウザ)が結び付いて、戻ってきたHTMLをPCが該当のブラウザに処理を渡すそうです。ポート番号は1023までは予約されたウェルノウンと言うそうですが、65535番までは自由に使えるそうです。要求を出す時に自分の空いているポート番号を要求に付けて出します。これが戻りのHTMLについてきます。
プロキシ(この図ではアドレス変換器)でも同じ事が起こり、要求元のIPアドレス+ポート番号をIPアドレスは決まったアドレスに変換(普通は自分のIPアドレス)し、ポー番号は自分で空いている番号を振って、Webサーバに要求を送る。
Webサーバからプロキシへの返事には、変換されたIPアドレス(プロキシのIPアドレス)とプロキシが振ったポート番号に戻ってくる。プロキシでは要求した時のIPアドレスとポート番号(本当はポート番号だけで良いと思いますが)と要求元のPCのIPアドレスとポート番号を判っているので、元のPCの要求に戻して、PCへ返事する。
PCではポート番号で要求元のプログラムが判るので、そのプログラムへ処理を渡す、と言う流れのようです。

言葉で書くと何となく難しく読めますが、ポート番号を主体に処理していると言うことのようです。IPアドレスはターゲットとするマシンへ行き着くだけです。行き着いたマシン内ではポート番号で内部のプログラムと関連付けられています。


易しいと思って買った本は非常に面白い本でした。少々読むと簡単なのですが結構難しい。自分のPCからLANカード、ADSL、ケーブル、プロバイダと通って、サーバに行き着いてと、インターネット内での流れに沿って書かれているので、代表例で書かれていますが、インターネット技術の全体の流れを説明していて、非常にためになりますが、技術が広く、多岐に渡り、難しくもありました。
自分の疑問も本の後半にやっと出てきて、自分で作った図の裏付になりました。

ネットワークはなぜつながるのか ― 知っておきたいTCP/IP、LAN、ADSLの基礎知識 日経BP

良い勉強になりました。システムの仕掛けを調べるのは面白いものです。

今の技術には強くないので非常に大変でした。あちこちに詳細な話は出ているのですが、これを昔の技術しか知らないおっさんらに教える為に大まかにまとめるのが大変でした。

未だ沢山の間違えがあるかと思います。お気づきの方はご指摘ください。


この書籍のシリーズには
Windowsはなぜ動くのか

もあります。これも読んでみようかと思っています。
”パソコンはなぜ動くか”もあったように思うのですが。
[PR]
# by maida01 | 2004-10-05 13:31 | IT系

文字コード、文字セットとエンコードの調査

ただのメモ書きです。

文字コード、文字セット、エンコードはややっこしい。

もともとWebを多言語対応させる為の話から始まった。対象言語は日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語だ。ISOでも表示出来るがUTF-8でのエンコードが必要など、何だか判らない話なので、自分でも調べ始める。

この話は単純に静的なHTMLで中国語とか韓国語を表示する話ではないので面倒です。既に大型コンピュータに蓄積されているデータもHTMLに含んでの表示、更新もあり、ブラウザーからの入力もあります。
つまり本格的な多言語でのエンコードの混在の問題です。

定義
1.文字セットとは
当用漢字とか常用漢字とかの文字の集合体の定義のようです。ここは本来はコンピュータ以前のようです。
2.文字コードとは
要するに、文字をコンピュータで扱うための文字・記号に割り当てられた数字の規則のようです。ASCIIとかJIS X 0201だそうです。確かにJISコードと言いますね。
3.エンコードとは
文字符号化処理(方式)。文字セット中にある文字 ("A" や "あ") を、文字コード ("0x41" や "0xA4 0xA2") に対応させる処理でSJISとかEUCとかだそうです。

参照 http://www.studyinghttp.net/charset


下記が主な情報源。これから情報の整理に入ろう。整理できるのかな?

文字コード、文字セット、エンコードの説明
http://www.siisise.net/charset.html

複数の文字コードをformからCGIへ送信する方法
http://www.hicat.ne.jp/home/tomcre/search/zatu/charset.html

日本語と文字コード
http://www.kanzaki.com/docs/jcode.html

小塚 敦さんのmikeneko.ne.jpの記録
あちこちからリンクされて文字系の情報が沢山ありますが、ご本人が亡くなられてサイトを閉じされたようです。現在ではGoogleのキャッシュから参照できます。
Unicode のエンコーディング
http://www.google.co.jp/search?q=cache:XAjBR3utoCEJ:www.mikeneko.ne.jp/~lab/kcode/uni-encode.html++%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89+site:www.mikeneko.ne.jp&hl=ja

文字セットの種類
http://www.google.co.jp/search?q=cache:-fdlhwHMLqUJ:www.mikeneko.ne.jp/~lab/kcode/jiskanji.html+site:www.mikeneko.ne.jp+%E6%96%87%E5%AD%97&hl=ja

文字コードリンク
http://www.google.co.jp/search?q=cache:cTd2ZBLK9SkJ:www.mikeneko.ne.jp/~lab/kcode/link.html+site:www.mikeneko.ne.jp+%E6%96%87%E5%AD%97&hl=ja

文字コードのはなし(大阪外語大の
http://mlang1.osaka-gaidai.ac.jp/~tagengo/multi/char_code.html

加藤弘一氏の素晴らしい文字コードの解説。歴史的な流れが判る。
http://www.horagai.com/www/moji/2000a.htm
[PR]
# by maida01 | 2004-10-05 11:16 | IT系

ネットでのVODサービス

サービス強化に動き出すブロードバンド放送
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20040930/150619/

ブロードバンド回線を使って多チャンネル放送(有線役務利用放送)とVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを提供する,テレビ受像機向けのブロードバンド放送サービスの加入者数がなかなか増えていない。

すでに各社とも多チャンネル放送では20~30チャンネルを提供しており,VODでも2000~4000本のコンテンツをそろえている。


[Web Catch: 10/01] のメルマガでは
伸び悩んでいる理由は、コンテンツ毎の課金(利用者にはコンテンツを視聴する毎に、その都度、数百円の課金)に先走りすぎたことではない

と言っている。

VODの便利さを利用者が理解していないのか、わざわざVODに金を払わなくとも他に映画・番組を見れるからか。


昔アメリカのホテルでVODサービスが始まった時には、映画1本で10ドルかよと思った。しかし一人旅の出張では、レストランで一人寂しい食事よりはホテルでルームサービスで映画一本の便利さが判ると、毎夜映画を見ていた。

当初のホテルVODはアナログビデオテープでのサービスで、画像も悪かった。その後デジタルに変わっていったが、テープの劣化はなくなったが、MPEG1で綺麗な画像ではなかった。しかし、ホテルの少々薄暗い部屋で一人で見る分には充分も画質でした。
当時アメリカのCATVショーでは日本企業の出展者がMPEG3だから画像が綺麗でしょなどと自慢していたが、デモだけで商売にはなっていない。MPEG3のデコーダのコストが高すぎた。ホテルVODでは安いMEPG1で充分だったのだ。CATV出展の日本企業の人へ説明すると、確かにと関心していた。技術者だろう、商売との連動が判っていないようだ。

こういうニーズとのマッチが必要か。

1996年に始まった大阪の帝国ホテルのVoDの状況はどうなんでしょうかね。あの仕掛けも古くなったから入替えたのかな?当時はデジタルタイトルも100本とか言いながら、ゴルフレッスンとか英会話とか大昔の映画ばかりで、とても商売にならないと思いました。

最近はデジタルタイトルも増えたようで、製作者側もデジタル化の理解をしてきたのでしょうね。


ネット経由のVODが流行ると、今の電話線をつかったADSLではバンド幅が足りず、FTTHの方向へ向かうのでしょうね。とすると電力会社とかガス会社のネットワークの方が使われていくのでしょうかね。
同時に今の放送会社の役割も変わってくるように思われます。放送コンテンツ提供業者が増えるのか?放送プロバイダーは変わってきそうですね。放送業界も細分化された分野に特化した業者が増えるのかな。


コンテンツへの要求が変わると、インフラも変化していくでしょうね。
[PR]
# by maida01 | 2004-10-01 12:24 | これからのビジネスとIT

数字に騙されてはいけない

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0409/25/news006.html
メディアとしてのインターネット、テレビ越す人気

インターネットはメディアの中で最も人気が高く、18~24歳の層では半数以上が筆頭に挙げている

そりゃそうでしょ
この調査は全米の1235人を対象にオンラインで実施。18~24歳、25~34歳、35~54歳の年代別に統計を取っている。

オンラインってインターネットのことでしょ。インターネットで調査すれば、インターネット好きは多いですね。ゲーセンで調査すればゲーム好きは多いことと同じですよね。

テレビで調査すると、どういう結果になるのでしょうか?

データのとり方に問題があるように思います。


別な記事で
http://japan.internet.com/ecnews/20040924/3.html
Eコマース、躊躇の理由は「セキュリティ」に対する不安感

「EC」についてのアンケート調査をインターネットユーザー300名(男性174名・女性126名)に対して行い

「セキュリティが不安」は7ポイント増で37.3%(22名)、「商品に触れてみないと買いたくない」は6ポイント増で33.9%(20名)を占めたほか、「クレジットカードを持っていない」も若干増加して18.6%(11名)となっていた。また「テレビや雑誌の通販で充分」3.4%(2名)は昨年と比べて半減しており

おおと思った。300人へのアンケートとなっているが、良く内容を読むと・・・
37.3%で22名、33.9%で20名、3.4%で2名とか18.6%で11名ということは、回答者(300名)で問題視している人は総勢で59名のようです。問題へのコメントをした人が全体(300人)のうち59名(19%)のようです。問題視した人への割合を、回答者全体の割合のように読めます。

割合の対象がおかしいと思うし、有効回答数に問題があると思います。59人でインターネット全体の問題を読めるのか?

セキュリティが不安は22名で22/300=7.3%しかいないようです。

こういう報告は1つでも信用できない数字があると、全体の信用がなくなります。


別な記事で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040929-00000017-inet-sci
よくわからない PDA、でもカメラ機能があれば便利

全体300人のうち、PDA を「現在使っている」ユーザーは8.0%(24人)、「過去に使ったことがある」のは14.7%(44人)、「使ったことは一度もない」のは77.3%(232人)。「使っている/使ったことがある」ユーザーは合計で22.7%(68人)程度だ

「使ったことが一度もない」ユーザー232人のうち、今後 PDA を使用する予定のある(使用したいと思っている)のは21.2%に過ぎない。使用したくない理由として多くあげられたのが「PDA をよく知らない」(学生/22歳)、「どんなものかよくわからない」(会社員/25歳)などだった。
一方、全体300人に対して、カメラ機能の付いた PDA は便利だと思うか聞いてみたところ、73.0%(219人)が「はい」と回答した。

この数字もおかしくないか?PDAを使ったこともない人が232人、内49人が使用したいと言っているので、183人が使わないと言っている。しかしカメラ機能付きPDAは便利と全体の300人中の219人が答えている。

PDAの機能も判らない人々がカメラがつけば便利という結果。この数字は、PDAでなくカメラに反応していると思われる。PDA+カメラを作ったら売れるかは不明だ。如何にもPDAにカメラがあれば使いたいと言っているように書かれているが、多分売れないだろう。

これは質問方法も不明だが、質問の主旨が判らない。誘導しているような質問なのかな。

数字に騙されてはいけない。ものも言いよう、数字も使いよう
[PR]
# by maida01 | 2004-09-29 13:01 | これからのビジネスとIT

バール・フィリップス+斎藤徹

またバール・フィリップスさんが来日します。いつものように斎藤 徹さんとのツアーのようです。


12/6/2004
埼玉県上尾のバーバーFUJI
http://members.jcom.home.ne.jp/barberfuji/
12月6日(月)19:30開演
JR上尾駅から徒歩10分程です。
本当に床屋さんでの演奏です。普通の床屋さんでの演奏で演奏者を目の前にしての演奏が楽しめます。マスターの趣味が昂じて数ヶ月毎にライブを開催しています。
演奏後は打ち上げにも参加できます。
難点は床屋さんなので月曜日だけの演奏会です。

12/11/2004
埼玉県深谷のSPACE WHOで
http://www.ikn.co.jp/spacewho/jnew.htm
12月11日(土)に演奏があります。

Space Whoは少々遠いのですが、素晴らしいホールで演奏者が非常にノリノリの演奏をしてくれる素晴らしい演奏会場です。
問い合わせは spacewho@ikn.co.jp
369-0212 埼玉県大里郡岡部町櫛挽140-1
TEL 048-585-6685 FAXー6687

他の演奏会場も追って追加します。

(追記:9/27/2004)
http://8718.teacup.com/scissors/bbsに詳細がありました。斎藤徹さんご自身での投稿で詳細スケジュールがあります。以下にペーストします。また、この掲示板に斎藤さんのベースへの熱い思いも語られていますから、ご一読ください。この掲示板は上尾の床屋さんが運営しています。

12/4 (土)ギャラリー椿 with小林裕児(ライブペインティング)/ 「小林裕児展11月22日~12月4日」期間内イヴェント 開場 16:30 開演 17:00 料金 3000円 住所 東京都中央区京橋3-3-10 第一下村ビル1F
電話  03-3281-7808 FAX 03-3281-7848 メール gtsubaki@yb3.so-net.ne.jp
ギャラリーWeb http://gallery-tsubaki.com/ 小林裕児Web http://www.yuji-kobayashi.com/
なお、11/23(15:00より) 同画廊での小林裕児(ライブペインティング・ボディペインティング)上村なおか(ダンス)齋藤徹(音楽)コラボレーションとの共通券4.000円あります。問い合わせは画廊まで。

12/5 (日)1929ホール(BankART 1929 Yokohama)
開場  15:30 開演  16:00 料金  3000円(1ドリンク付き)
住所  神奈川県横浜市中区本町6-50-1
横浜みなとみらい線「馬車道駅」下車1b出口の上
電話 045-663-2812 FAX 045-663-2813 メール info@bankart1929.com
Web http://www.bankart1929.com 主催 BankART 1929 協力 横濱エアジン

12/6 (月)バーバー富士 第60回即興演奏会
開場 18:30 開演 19:30 料金 5000円 学生3000円 終演後の打ち上げ参加無料
住所 埼玉県上尾市愛宕2-12-17 JR高崎線上尾駅東口より徒歩10分  電話 FAX 048-772-2175  
メール barberfuji@jcom.home.ne.jp Web  http://members.jcom.home.ne.jp/barberfuji/
主催 松本 渉

12/7 (火)青嶋ホール RENDEZVOUS with 森妙子(インスタレーション)
開場 18:30 開演 19:00 料金 前売り 3500円 当日 4000円 住所 静岡市西草深町16-3
http://www.s-cnet.ne.jp/~scn01741/ 電話 054-253-6480 主催 問い合わせ IMA静岡 imaszok@yahoo.co.jp 電話 054-253-6785 FAX 054-247-7425 http://www.geocities.jp/imaszok 

12/8 (水)アステールプラザ・オーケストラ等練習場
開場 18:00 開演 18:40 料金  大人 前売り 3500円 当日 4000円 学生 前売り 1500円 当日 2000円 住所 広島市中区加古町4-17 電話  082-244-8000 FAX  082-246-5808
http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/ 問い合わせ先 黒田 TEL&FAX 082-286-7555 
kuroda@h-bunka.ac.jp 主催者 Kuroda   協力 Soba House みん

12/10 (金)福聚山慈眼寺 野崎観音 with 乾千恵(書)
開場 18:30 開演 19:00 料金 前売り・予約 2500円 当日 3000円 住所 大阪府大東市野崎2-7-1
JR学研都市線野崎駅下車徒歩8分 JR大阪駅から約50分 電話 072-876-2324 FAX 072-876-2373
メール mailadm@nozakikannon.or.jp Web http://www.nozakikannon.or.jp/
主催 野崎観音

12/11 (土)ホールエッグファーム「二頭のライオン SOLO & DUO 」
開場 19:00 開演 19:30 料金前売/一般4000円・学生2000円 当日/500円増  
住所 埼玉県大里郡岡部町櫛挽140-1 電車:最寄駅 JR高崎線「深谷駅」から送迎車有(要予約) 
車 :地図をお送りします。 電話048-585-6685 FAX 048-585-6687  メールspacewho@ikn.co.jp
Web http://www.ikn.co.jp/spacewho/ 主催スペース・フー 斎藤和子


12/12 (日)アスピアホール two lions & one tiger and more
共演:井野信義、今井和雄、千野秀一 開場 18:30 開演 19:00 料金 予約 3500円 当日 4000円 
会場住所 東京都渋谷区幡ヶ谷2-14-3 京王新線幡ヶ谷駅北口から徒歩1分 電話 03-3374-6666
Web   http://www.din.or.jp/~aspia/ 主催 問い合わせ・予約 斎藤徹  電話・FAX 03-3320-6315
メール tetsu_saitoh@yahoo.co.jp

[PR]
# by maida01 | 2004-09-26 19:44 | 注目のライブ

フェリスでジャズライブ

横浜のフェリス女学院大学で”ガーシュウィンからアヴァンギャルド即興演奏”という案内が来ました。

出演:高瀬アキ(p)、齋藤京子(ソプラノ)、小林周子(p)、三宅榛名(p)
場所:フェリスホール(JR石川町から徒歩10分)
日時:10月12日(火)7:00PM開演
主催:フェリス女学院大学音楽学部
予約・問い合わせ:045-681-5189(フェリス演奏委員会)

 高瀬アキさんはドイツ在住のフリージャズを中心に演奏されています。9月10月と帰国してのツアーだそうです。
 三宅榛名さんは言わずと知れた、現代音楽の作曲家、演奏家です。
 残念ながら他のお2人は知りません。

 横井一江さんが数年前からフェリスでジャズ講座を持たれていて、その関係での知らせでした。

フェリスなんて行くチャンスもないし行ってみるか。

(追記2004/10/12:フェリスのWebで案内発見)
http://www.ferris.ac.jp/new/04/1012/index.html
[PR]
# by maida01 | 2004-09-26 19:24 | 注目のライブ

ブクログ=自分の好みの書籍、CDの棚?

http://pi.jugem.jp/tana/

面白いサービスだ。Amazonとつながっていて、自分の書籍、CDの棚を見せられる。

クリックで購入してくれると、Amazonのポイントになる。
自分でも以前考えていたサービスでした。
自分のサイトを紹介する手段がない。

私の推薦CD、書籍の紹介をしていこうと思っています。
http://pi.jugem.jp/tana/tana.php?ac=maida01

でも、追加していくのが面倒だなーー、何か良い手はないかな。


Amazonでも同じようなサービス:リストマニア
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/747414/250-5071689-0665853

皆して同じようなサービスを考えているようですね。でも他社へもサービスするとはAmazonはオープンなのか先進的なのか。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-24 15:05 | これからのビジネスとIT

面白いネット書店SBPストア

偶然Wikiの書籍の一部をPDFで発見と思っていたら、
SBPストア(SoftBank Publishing)というサイトのサンプル部分だった。

他に見ていくと、面白そうな本の題名と思ったら今読んでいる本。
これも本の一部が読める。

FlipViewerというソフトが自動的にダウンロードされて実際の本のようにページをめくって読める。今読んでいる”創造的仕事の技術”と言う本の30ページ程を読めます。

本屋で立ち読みしている気分だ。ネット書店としては面白そう。
http://store.sbpnet.jp/


(追記:10/5/2004)
Amazon.comでも数年前(?)からSee more product detailsというリンクでスキャンしたページを10ページ程はPDFで読めますが、日本のAmazonでは提供していないようです。(本当は目次から章立ての名前で検索を掛けていくと全て読めます)
Search Inside The Bookというサービスです。

SBPの方が読み易く、実際に本を読んでいる感覚がします。

他のネット書店でも別な形のサービスを提供しているのでしょうね。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-21 14:12 | これからのビジネスとIT

Wikiのドキュメント

ネット上でWikiのドキュメントを発見したのでメモ。
Wikiって何と言う人にはお勧めです。15ページ程なのでお手軽にWikiが何であるかが読めます。
私も良く判っていないのですが。

”Wiki Way”の一部ですが、Wikiのことが結構良く判ります。参考になります。
「Wiki」って何?
http://books-support.softbank.co.jp/isbn/1832/p15-31.pdf
この目次
http://books-support.softbank.co.jp/isbn/1832/contents.pdf
[PR]
# by maida01 | 2004-09-21 14:01 | IT系

ジェレミー・スタイグがやってくる

懐かしい、あのビル・エバンスのWhat's Newのフルート奏者ジェレミー・スタイグが来日です。横浜プロムナードの10月10日にトリオで出演します。
http://www.jazzpro.jp/

30年ほど前に出たWhat's Newは衝撃的でした。
あれまではフルートと言うのは綺麗な音の楽器というイメージでしたが、息が漏れてマイクで大きく拾われる程の凄いアタックで、美しい曲を演奏するジェレミー・スタイグの演奏には驚きと感動でした。
自動車事故にあって、半身が麻痺したために息が漏れる演奏スタイルになったそうです。
What's Newは当時の日本でも売れた方のレコードで、私も良く聞きました。

19年前にエディ・ゴメスと来日し、六本木のジャーマンベーカリーの上のライブハウス(ボディアンドソウルだったのかな?)で聞きましたが、あのWhat's Newと全く変わらない感動の演奏でした。

彼は絵も書くようで、横浜の何処かで日本の友人と展覧会も開くようです。彼のお父さんウイリアム・スタイグはアメリカでは有名な漫画家(挿絵画家?)だそうです。去年亡くなられたと日本の新聞にも載っていましたから、可也有名なお父さんのようです。

今年は横浜プロムナードへは行かないと思っていましたが、ジェレミー・スタイグを聞きにまた行ってしまいそうです。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-20 11:36 | 注目のライブ

いやー凄い演奏です(佐藤允彦+富樫雅彦)

先日マーサ三宅さんのライブでお会いした石原康行さん(現在ホットクラブ・オブ・ジャパン会長)とは可也昔にお会いしているが、女房が別のジャズの会で親しく、同席して随分とお話をさせていただいた。

夫婦そろってフリージャズが好きだと話したので、石原さんプロデュースのマーサさんのCDとともに、1973年の佐藤允彦さんと富樫雅彦さんのレコード未発表というライブの録音を貰った。

イヤー凄い演奏です。1973年7月7日の新宿アートシアターでの”インスピレション・アンド・パワー”(1973年6月30日-7月12日)の一環での演奏のようです。Kairos No.1という1曲だけですが、30年前の演奏とは思えない。新鮮で、演奏者のコラボレーション、音楽への造詣など、いろいろなことを感じれる演奏です。
富樫さんの復帰1回目の演奏となっています。佐藤さんはフリーばりばりの頃ですが、今ではフリーと恐れるほどの難しい演奏ではないです。

インスピレーション・アンド・パワーは副島輝人さんの企画・主催で2枚組のCDになっています。このCDも素晴らしく、7グループ演奏が入っていますが、この演奏は入っていないです。佐藤さんと富樫さんの別な曲が入っています。

佐藤さん富樫さん演奏のカイロスというタイトルのCDがありますが、これは違う録音のようです。Amazonの評では良いようです。

この頃に戻って、演奏を聞いてみたいです。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-20 11:15 | 好きな音楽家

玉田おめでとう!久々に日本人の勝利

今日のツインリンクもてぎのMOTOGPで玉田誠が優勝。久々の日本でのMOTOGPでの日本人優勝だそうです。

バレンティーノ・ロッシは玉田に抜かれてから、しばらくは抜き返そうと頑張っていましたが、最後は2位確保の方針に変えたようで、最終的に5、6秒程のリードで玉田がゴールでした。
あのロッシと正面から戦っての勝利です。凄いです。

玉田は今年2回目の優勝です。中野真矢もカワサキで始めての3位で表彰台でした。

来年が楽しみです。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-19 22:25 | よた話

アウトラインプロセッサー情報・・奥が深そう

昔からアウトラインプロセッサーを使っていて、他人にも薦めているのに、こんな凄いアウトラインプロセッサの情報サイトがあるのを知りませんでした。

元は2chだそうです。

アウトラインプロセッサのスレのまとめページ
http://www.wikiroom.com/windows/?%A5%A2%A5%A6%A5%C8%A5%E9%A5%A4%A5%F3%A5%D7%A5%ED%A5%BB%A5%C3%A5%B5

(ツリー別ペイン表示型)アウトラインプロセッサ比較表
http://www.geocities.jp/outline2ch/
 各ツール毎の詳細な説明もあり、サンプル画面もあって便利です。アウトラインプロセッサの歴史(英語でしたが)へのリンクまであって勉強になりそうです。

2chって、変な噂の時にしか使いませんが、凄い話し合いもされているようですね。
http://pc5.2ch.net/test/read.cgi/software/1090147736/


私の好きなIdeaTreeは
操作は直観的に行え、Wordしか使ったことのない初心者にも勧められるソフト

となっていました。アウトラインプロセッサは奥が深そうです。

昔書いたアウトラインのお勧め記事は恥ずかしい内容でした。勉強させてもらいます。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-14 12:55 | これからのビジネスとIT

初めてBirdlandへ行きました

昨夜は久々にマーサ三宅さんを聞きました。友人がマーサさんの弟子でBirdlandで発表会をやるからと誘われて行ってきました。

MinorrepairさんにNYCのライブを教えたらBirdlandに行かれたそうだ。私はNYCのBirdlandに行ったことがないだけでなく、日本の六本木のBirdlandへも行ったことがなかった。
場所は大昔はディスコのビルとして有名だったスクエアビル。場所は変わっていない。
久々に、こういうジャズの飲み屋さんへ行きました。いかにもジャズを聞きながら酒を飲むバーです。

4人のお弟子さんが歌いましたが、友人はまともで上手かったです。初めて聞きましたが驚きでした。さすがに20年だか30年だか練習しているだけある。マーサさんは流石に上手いですね。
来ている人は殆ど出演者の知合いばかり。年配の女性の多いこと。

偶然にも昔の会社の同僚が来ていてビックリ。友人のやっているカフェ(飲み屋?)の常連だそうです。2次会でも盛り上がりました。ユニークな人の多いこと。


この友人とは25年程前にNYCへのジャズツアーで一緒だった。マイルスきちがいの中山さんがまだスイングジャーナルにいる時分で、マイルスへインタビューする、何時にどこだかのホテル前にいるとマイルスに会えるよと、言われてのこのこ出掛けていった。マイルスはヨボヨボのじいさんだった。杖を付いて歩く姿は見たくなかった。
皆でバスでホテルへ戻る。ホテルの回転ドアで、この歌手の友人は前後に黒人の女の子がいて、前の子が何かを落して、その後数人が一瞬立ち止まる。------そうです、友人が下げていたホシェットから売りその子が財布を抜き取って行ってしまったようです。---その後気がついて友人は大騒ぎ。典型的なスリです。
何回もNYCへ行っていますが、このような事件には巡り合わないです。もっとも、汚い格好のオヤジから金を取ろうと言う泥棒はいないか。オヤジに声を掛けてくれるのは立ちんぼだけか。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-13 17:39 | 面白かったライブ

米国の航空業界も危なくなっている

東京新聞のBlogで”米US航空が破産法再申請”
http://www.tokyo-np.co.jp/00/detail/20040913/fls_____detail__012.shtml
という記事。
(追記:9/14/2004)東京新聞のURLが違っていて、探し出せないのでYahooの同記事のURLを付けておきます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040913-00000008-san-bus_all

”2002年8月に破産法申請し経営破たん、2003年3月末に経営再建手続きを完了”とのことでしたが、”最近の原油高”、”テロやイラク戦争”、”人件費削減を図るための労使交渉が難航”
とのことです。

薄利な航空業界で、生き残っていくのは大変そうです。人件費削減の労使交渉で失敗したようですが、路頭に迷ってでも人件費削減へ同意しなかった社員はどうなるのでしょうかね。日本では考えられないように思いますが。

US航空とはUSエアーです。

日本の場合は殆ど大手二社なので、倒産は起こりえないのかな?米国では過去に幾つかの大手航空会社が倒産しています。

Yahooでは”バンコク-シンガポール便“32円” 格安航空券、東南アで競争過熱”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040912-00000013-san-bus_all
と言う記事。
”タイガー・エアウェイズの約六十五円に対抗”した価格だそうですが、凄い価格です。
ヨーロッパでもアイルランドのライアンエアではロンドン-ブリュッセル間を2円などという料金で売り出す時があるようです。

競争の激しい路線では安売りはつきもののようです。日本では中々実現しないようですが。

(追記:9/14/2004)
業界メールニュースである航空事情 http://www.aerospace777.com/ の号外 ★ユー・エス・エアウェイズ 2度目の連邦破産法11条を申請★から
申請時の総資産額は88億ドル、総負債額は約87億ドル、手元流動性資金残高は14億5千万ドル、連邦政府の債務保証を受けた融資の残高は、7億1,760万ドルとしている。前回の申請時の総資産額は78億1千万ドル、総負債額は78億3千万ドルだった。


デルタ航空も、運航乗務員組合と人件費削減で合意できない場合、今月末には破産法の適用を申請するとしています


アメリカの航空業界は難しい状況のようです。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-13 09:26 | 日本が壊れていく

アウトソースも形態が変わる必要がるのか

AlwaysOnのメールニュースからEDS could cut thousands more jobsの記事を発見。

EDSでも15,000から20,000のJOBカットで2年間で10%の社員を削減のようです。

EDSと言っても知らない人が多いでしょうね。アウトソースとかシステムインテグレーションを始めた会社で、1992年のアメリカ大統領選に出馬したロス・ペローが創立した会社です。アメリカでもEDSと言う名前しか知られていませんでした。

メインフレームの時代にお客のIT部門をアウトソースして、巨大化して伸びていった会社です。会社全体を社員からコンピュータ、ビルまで全てを買い取って、お客へは同じサービスを提供します。メインフレームをEDSのセンターに集中することにより、コンピュータ資源、オペレータなどの無駄を省いて、安くサービスを提供します。
そのために、ダラス北の本社内に巨大なオペレーションセンターを持っています。1990年代初め頃には、IBMの3割の売上はEDSからと言われていました。IBMの顧客がEDSへアウトソースされるからです。その後、メインフレームの費用削減のためにIBMからアムダールに移行していきました。センターには沢山のアムダールのコンピュータがありました。

1995年だか94年だかの日経新聞元旦特別第二部の一面に巨大コントロールセンターの写真、記事を掲載してもらい、インパクトはあったんですが・・商売には繋がりませんでした。

最近はメインフレームからクライアントサーバー、インターネットなどのインフラへの移行で昔流のアウトソース・ビジネスも成り立たなくなったのでしょうかね。

10年程前に勤めていた会社で、当時は面白い会社でした。ホテルでのデジタルVODを始めたり、全米での衛星教育とか、メセナですが子供のためのJASONプロジェクトとか面白いプロジェクト、ビジネスを沢山やっていたのですが。お客の要望でプロジェクトが始まりますが、難しいことでも、いろいろな技術を繋げてやり遂げてしまうので、新しいビジネスを始めることが多かったですね。本当にインテグレーションでした。

数年前に会社の形態もLLCに変えたと聞きましたが、Webにも明確にかいてないな・・・ロゴも変わりましたね。幾つかの子会社も売却したようです。10年程前に買収したコンサルティングのATカーニーはまだ子会社のままのようです。


時代の変化について行けないのか?

ロス・ペローの創業時からIBMを意識して、IBM流の社内ルールでしたが、軍隊流のイェッサー方式でIBMのようなマネージメントを育てる方針がなかったことも問題だと思っています。

企業が伸びながら存続して行くには、マネージメントを育成して、後継者を育てることが大切なようです。

(追記 9/13/2004)
CNETでも記事になっていました。
EDS、今後2年間に最大で2万人の従業員削減へ
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000050156,20073165,00.htm
[PR]
# by maida01 | 2004-09-11 11:32 | これからのビジネスとIT

勉強のチャンスはたくさんある

先日、三田の創業サポートセンターの公開講座で”無線通信の歴史”という講義を聴いた。

職業能力開発総合大学校 電子システム工学科の助教授が無線通信の始まりから最近の携帯電話までの歴史を説明してくれた。1896年からの歴史をこまめに話すので1時間半では足りなかったが、無料で、良くまとまった資料も貰えて、もっと沢山の人に聞いて欲しいような授業でした。

1985年の通信の自由化のところを聞きたくて出席したのだが、この辺りは時間がなくなって流されてしまった。当時自分も絡んだプロジェクトの為に、アメリカ企業からアメリカ政府を通しての圧力がかかり、自由化へ結び付いたのを確認したかった。資料に少々書いてあるので判りそうです。これは別に記事にしようかと思っています。

創業サポートセンターでは工業技術が多いですが、無料の講座を月に数回開講しています。

先々週に外苑前近くの青山TEPIAと言うところで、無料のビデオライブラリーも発見した。ライブラリーは2400本もの数年前のビデオを無料で1名から数名で鑑賞できます。ビデオといっても、ビジネスとか学術的なビデオが中心です。私が見たのは4年ほど前に日刊工業が作ったインターネットビジネスの話しの30分ものです。B2BとかB2Cの始まりの頃の話しで懐かしい。懐かしい人々も映っていた。
ここはインターネットでも無料でビデオを提供しています。
http://lib.tepia.jp/

最近はインターネットで大学の無料講座があったりと、勉強の機会はいくらでも見つかります。

WIDEのSOI http://www.soi.wide.ad.jp/contents.html ではインターネット系は嫌と言うほどの授業を受講(視聴)できます。
坂村健さんと村井純さんの対話もあって驚きです。お2人はRFIDで喧嘩しているかと思いましたが、大学の先輩後輩で昔からの知合いのようです。

大阪市大インターネット講座 http://koho.osaka-cu.ac.jp/ はインターネットだけでなく、江戸の歴史から医療、物理学と幅広い分野を8年も取り扱っているので、結構な数の講座があります。

CNETで梅田さんも触れていますが http://blog.japan.cnet.com/umeda/archives/001322.html
MIT の オープンコースウェア http://ocw.mit.edu/index.html では世界的に一流の授業を受講できます。もちろん英語ですが。

インターネット自身が情報の塊ですが、授業と言う形でのまとまった知識での情報も習得できます。


音楽とか書籍とかがデジタルコンテンツとしてネットワーク流通するだけでなく、大学などの授業もデジタルコンテンツとして流通するようになりそうです。

大学など行かなくともまとまった知識の習得が可能になり、本当に出来る人は大学などにも行かなくとも、自分で必要な知識を得ていくのでしょうね。

有名大学卒業などで人を判断することなくなりますかね。

若者の数が減少して、潰れていく大学があるのに、ネットでも競合になれば、大学などの教育業界も差別化を真剣に考えていくのでしょうね。


この記事にネットでの授業のリストを作ろうかと思っています。順次追加していきます。ご存知の方はコメント下さい。沢山ありそうです。
-------無料受講リスト----------
WIDEのSOI http://www.soi.wide.ad.jp/contents.html
大阪市大インターネット講座 http://koho.osaka-cu.ac.jp/
香川大学教育VODサービス http://www.ymw.co.jp/kadai/kadaivod.htm
埼玉大の並河先生の流取引論のノートなど http://www.hnami.net/eco/
青山TEPIA ビデオライブラリー http://lib.tepia.jp/
日大VOD 公開講座 http://www.nihon-u.ac.jp/service/vod/#OPEN
日本 OCW 連絡会 http://www.jocw.jp/sub1.htm

(東北大学インターネットスクール http://www.istu.jp/index.html 学生だけの受講でした)
--------------------------------

(追記:2005/1/6)
Association For Computing Machinary
http://pd.acm.org/cp_home.cfm 全て英語ですが、450を越えるコースをオンライン受講できるようです。Cnetに連載していた梅田さんが、何回かACMを題材に記事を書かれています。Business Skillもあるので、コンピュータ以外も参考になりそうです。

(追記:2005/2/1)
・東京大学大学院学際情報学府のiii online
http://iiionline.iii.u-tokyo.ac.jp/index.php
オープンソースのExCampusによるe-Learning
全て公開ではないようですが、幾つかの公開e-Learningがあります

(追記:2005/2/21)
・The Electronic College of Process Innovation
http://www.defenselink.mil/nii/bpr/bprcd/index.html
米国国防省DoDのサイトですので、英語ですが、BPRの基礎からABCまでを、文字主体のコースになっています。DoDはEA(Enterprise Architecture)なども始めたところですから、参考になります。少々古いですがIDEF1Xのデータモデリングのコースなどもあります。
DoDではBPRサーティフィケートもあります。

(追記:2005/5/15)
山口さんの記事で、
日本でもOpenCourseWareが始まったことを知る。
日本 OCW 連絡会
日本でも、大阪大学、京都大学、慶應義塾大学、東京工業大学、東京大学、早稲田大学(注:五十音順)の6大学で日本OCW連絡会を発足し、各大学で行われている講義のシラバス、講義ノートなどの講義情報を順次インターネット上に公開する運びとなりました。非営利かつ教育目的であれば、誰でも無償でOCW上の教材を使用することができます。

いよいよ、勉強するチャンスは広がってきています。

京都大学にアクセスしてみました。
去年だか一昨年だかにCNETでの記事を書いていた末松 千尋 助教授のコースもありました。
経済学研究科 IT ビジネス・マネジメントで、PDFでの一回一回の資料から、
授業のビデオまであります。

大阪大学は何故か英語の授業ばかり。
他は日本語が沢山あります。

これからの学校のあり方にも変化していくのでは。

舟木 将彦さんのウェブログで、日本OCWの詳細な説明がありました。
http://d.hatena.ne.jp/mfunaki/20050514
梅田さんの日記から発見
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20050514
[PR]
# by maida01 | 2004-09-11 09:32 | これからのビジネスとIT

初めての海外出張

メモ書きをWikiにアップしたら、結構見てもらっているので、当Blogへ持ってきました。

1985年12月の話しなので、ちょっと古いかな?

-----------------------------------------------------------

当時勤めていた会社では、海外出張が褒美と考えていた。ある大きなプロジェクトが終了した時に、新婚早々で女房はお腹が大きいのに、12月に仕事としては初めて、同僚と2人で海外へ行くことになってしまった。

この数年前に、コンベンションのスタッフとしての香港へ出張に行っていますが、自分の仕事での出張は始めてでした。

-----------------------------------------------------------
ノースカロライナ州ラーレー

アメリカで作られたシステムを日本で変更したので、この変更部分をアメリカの開発部門のプログラムへ入れに行った。2週間の仕事であったが、朝8時から夜10時ころまで、土日も働く強行軍であった。アメリカ人の同僚達からは、凄く働いている日本人が来たと噂のようであった。

一緒の同僚は前年までこの町ラーレーにいたので街を良く知っていた。そのため便利なアパート風ホテルや美味しいレストラン、町の見所などを楽しめた。田舎町なのにトップレスバーやアダルトショップなどもあった。朝から晩まで仕事していたのに、良くいろいろなところへ行ったと思う。黒人の板さんのすし屋さん、日本レストランと言うベトナム料理店などもアメリカならではでしょう。

泊まったホテルの部屋の裏に池があり、鴨が沢山いた。残ったパンなどをあげると、池の反対側にいた鴨までもが飛んで来て、恐いくらいだった。こんなことは日本やアメリカでも普通のホテルに泊まったら、経験できなかったろう。

朝食は何時も近くのマクドナルドでソーセージビスケット。同僚が大好きと連れて行かれたが、これが本当に美味しい。でも町によって味が違うようで、その後アチコチで食べたが、日本でもニューヨークでも美味しくなかった。ハワイでは美味しかった。

ラーレーは広い田舎町だが、会社以外は同僚が車を運転していたので、余り覚えていない。やはりアメリカは自分でレンタカーを乗り回さないと楽しめないし、後で覚えていることも少ないようだ。

2週間で可也な量のプログラム修正、テスト、ミーティング、ドキュメント作成、現地の保守チームへの移管などをこなした。始めての環境、コーディング・テスト方式、英語では良く出来た方のようだ。

ラーレーから次の町へ出発前に、同僚がお土産物や風な店へ連れていってくれたが、インドかどこかで作られた、真鋳のような象やなんやが、非常に安く置いてあった。こんな安い店は現地の人でないと知らないだろう。
-----------------------------------------------------------

ケンタッキー州レキシントン

夕方にレキシントンへ到着。日曜日だったのだろうホテルでもお酒を飲めない。当時は日曜日には酒の販売・レストランなどでの提供も出来なかったようです。その後、日曜日の午前中だけダメとなったようです。

町中を車で回っても、初めての町で、夜中で、どこをどう走っているのか全く判らなかった。翌日、会社へ行って、幾つかミーティングを持ったが、1年後に、ここで仕事を始めるとは思ってもいなかった。

この時のレキシントンは、小さな奇麗な町だという位しか記憶にない。サラブレッドを育てている牧場が多い町なので、飛行機で上から見ると、緑いっぱいの町だ。
-----------------------------------------------------------

ニューヨーク

良く仕事をした褒美だとのことで、私がニューヨーク好きなのを知っていて、上司が帰りに一泊ニューヨークへ泊まるように手配してくれていた。同僚はニューヨークには興味がなく、先に部屋で寝るとのことで、一人でジャズを聞きに出かけた。泊まったホテルが、少々北の場所にあり、何の加減かタクシーが全く捕まらない。しばらく立っていると、脇にいたリムジンの運転手が15ドルでビレッジまでいくとのこと。初めてのリムジンで、白タク。変な経験。

たった1泊のニューヨークなのに、あいにく良いライブはやっていなかった。ニューヨークでは何時も何かやってはいるが、良いものは何時もあるわけではない。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-05 19:13 | 海外、特に米国

ドクトル梅津KIKI Bandがロシア・ヨーロッパツアー

梅津和時さんのKIKI Bandが9/18からロシアとヨーロッパをツアーします。
KIKI Bandは昨年メールス・インターナショナル・ミュージック・フェスティバルで絶賛を浴びたバンドです。

音楽的には、二昔前のドクトル梅津バンド(DUB)を継承していると思います。

ExciteBlogは海外在住の日本人が多いので、お近くの方は是非お聞き下さい。

日本人の音楽、ジャズと分類されている音楽、などを考えなおすチャンスです。

梅津さんは、日本のロックバンド、ブルースバンドとも競演も多く、昔はアメリカのフリージャズシーンでも多くのバンドに参加し、世界的に有名なミュージシャンです。
生活向上委員会から始まり、ドクトル梅津バンド(DUB)、シャクシャインなどが知られたバンドです。
現在は、KIKI Band、Komatch Klezmer、Betsuni Nanmo Klezmerを率いています。

楽しい音楽、演奏者が楽しんで演奏している音楽は良いものです。

■KIKI BANDロシア~欧州ツアー2004■
9/18 Performance at Vilnius Jazz Festival Lithuania
9/21 Performance at St. Petersburg Russia
9/22 Performance at "DOM" in Moscow Russia
9/24 Performance at "Studio Campus"  PARIS FRANCE
9/25 Performance at "Studio Campus"
9/26~28 Performance at in Germany
9/30 Performance at Warsaw in Poland
10/01~4 Performance in Poland

現在、会場などの詳細が不明な都市もありますが、コメント頂ければ、調べてアップします。

これから日本でも素晴らしい海外のジャズ系ミュージシャンが来日します。お奨めを投稿したいと思います。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-05 00:53 | 注目のライブ

やっぱり漢字は大切?

またYahooに”字読めない「失読症」、英語圏と漢字圏で原因部位に差”と言う記事があります
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040902-00000001-yom-soci

文字自体は意味を持たない表音文字のアルファベットを使う言語と、表意文字の漢字では、脳での読み方の仕組みが異なるらしい

この記事で思い出した。日本人は漢字で考える、だから漢字を沢山知っていると思考が早いと言う話を聞いたことがある。

最近パソコンで文章を書くので漢字を掛けなくなった書けなくなった(失礼)。ということは頭でも漢字では考えていないのでしょう。

ITも大切ですが、手書きで漢字を書く事も大切なようです。

(追記 9/3/2004)
面白い。偶然の漢字の話題を発見。

Minorrepairさんのサイトで”ネット利用者は、漢字擁護論者”という
http://www.ohtani.net/minorrepair/blog/archives/000259.html
”法政大学小川孔輔先生のHP「体感的漢字論: 手で書く漢字とワープロを使って選ぶ漢字」より”へのコメントがあった。
http://www.kosuke-ogawa.com/cgi-bin/admin/ogawa_news.cgi?cmd=dsp_msg&ID=195

Minorrepairさんが言うように、インターネットを使っていると漢字が気になっているのかな?
[PR]
# by maida01 | 2004-09-02 13:17 | これからのビジネスとIT

安さの時代からバリューの時代へ

Yahooで”大手スーパーが自社企画商品見直し 質を重視、個性アピール”と言う記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040902-00000017-san-bus_all

イオンが
利益率の高い衣料品、インテリアの比率を拡大。蓄熱素材やナノテク(超微小技術)を使った汚れにくい素材を採用するなどして質の高さをアピールする

イトーヨーカ堂は
高価格商品を出すと売れ筋の価格帯も大幅に上がった。安ければ売れるという時代ではない

消費者も販売側も安値に疲れて来ているのか?何でも安いので安ければ売れるのではなく、良いものであれば消費者は買うと、前から言われていたが、スーパーまでが路線変更をしてきているようだ。
本物の時代になってきているのかな?
[PR]
# by maida01 | 2004-09-02 11:43 | これからのビジネスとIT

変革していく企業

Yahooで”<ローソン>他社併存の新契約申し入れ ヤマトは拒否へ”と言う記事が出ている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040901-00000097-mai-bus_all

内容は
ヤマト運輸に対して、同業他社の商品の取り扱い禁止条項を削除した新たな契約締結を申し入れた・・・・
日本郵政公社の郵便小包の取り扱いを決め、他社との併存禁止契約を結んでいたヤマトは反発

ようは、独占契約だったヤマトだけでなく他社も使いたいと申し入れるローソン、嫌だと言うヤマトという話。

ネット時代になって、実際の作業を担当する会社、特にロジ系は強いとは知っていたが、ここまで強いのか。


しかしローソンは郵便局内にコンビニを作ったりとか、最近郵便局よりになってきているな。三菱商事の新浪さんが社長になってから随分と変わって来ていると思う。次々と新事業・企画を出してきているようだ。

ダイエー時代は事業も上手く行っていなかったようだし、ローソンはコンビニでは弱い方だったと思うが、強くなったようだ。元気のあるコンビニの方だろう。社長が変わって良くなっていく会社の1つのようです。

一時は個人情報漏えいでケチを付けましたが、汚名も挽回していくようです。


会社はトップの意向が大切ですね。大会社の社員が出向しても、力を発揮できない場合が多いですが、新浪さんは違うようですね。

気になる企業に注目していると、いろいろと面白い。ローソンの分析もしてみたい。
[PR]
# by maida01 | 2004-09-01 22:50 | これからのビジネスとIT

ExciteBlog画面は大きなTABLEタグで壊れる

Blogの画面が壊れた!!!

記事の投稿にExcelで作った表をHTML形式にして、TABLE部分をペーストした。
ExcelのHTMLなので結構大きなTBALEコーディングになったが、非公開でテストと思って、送信してしまった。

大変だーーーー!!
画面が壊れている!!

ページの頭に、TABLEに入れた文字が長々と繋がっている。その後に、通常のBlog画面が続く。

始めの部分には編集とか削除のボタンもない!!!
ExciteのHELPには何時ものように何も出ていない!!!
設定の記事管理では削除は出来ない!!!
ExciteさんへメールでHELPをお願い!!!
でも対応は遅い!!!


で・・やっと発見したのが、長々と壊れた画面の次に来る通常の画面部分の始めに、投稿した文章のTABLE以外があった。そこに編集、削除のボタンがある。

削除ボタンで=====>変な部分が消えた!!!

幸い、非公開で投稿したので、ログインしていない状態では、何もおかしくなかったが。

ExciteBlogではHTMLタグには気を付けろ



使えるタグは何処かに明記されているのかな?
[PR]
# by maida01 | 2004-08-25 19:33 | よた話

マニア市場を80/20の法則でオタクのマーケットを考える・・・(修正)

CNETからNRI、マニア層の市場規模推計と実態を調査--5分野で2900億円市場の記事

NRIサイトからマニア消費者層はアニメ・コミックなど主要5分野で2,900億円市場~「オタク層」の市場規模推計と実態に関する調査

5つのオタク市場(アニメ、アイドル、コミック、組立PC)の市場規模が2,900億円とは凄い。

KoWBさんがマニア市場はニッチじゃないで言っているように、5つの市場平均でオタクと言われる人一人平均で10万円で、組立PC リッチという分類では一人100万円の平均になる。

でも待てよ、80/20のパレートの法則に当てはめるとどうなるか?オタクと言ったって285万人全てが平等じゃないよな、その中の20%の人が80%の消費をしているんだよな、と考えてExcelで計算。

a0000893_12445069.jpg



これが正しいとすると、
1.本当のオタクは年に400万円も自分の趣味に使っているのか?
2.アーケードゲームなどのオタクが一番多くて、866万円
3.組立PC リッチの4000万円はありえなさそう。NRIの間違え?
  これは単純平均でも一人あたり100万円。本当かな?
4.ネットワークゲームの人が意外に少なく133万円、
  分野の単純平均でも3万円。これはオタクと言う分類なのか?

以外に面白い結果でした。でも当っているのかな?

(修正 2004/8/26)
失礼しました。一部計算ミスをしていました。平均が1桁違っていました。従い、組立PC リッチのオタクは年間400万円使っていることになりました。これならば納得できます。

山口さんのご指摘により、オタクの市場としてでなく、マニア商品の市場規模として捉え、20%のオタクが80%の市場で、80%の普通の人が20%の市場と計算しなおして見ました。

既にお読みになった方、コメントいただいた方、失礼致しました。
a0000893_1324452.jpg


何となく納得できる数字になりました。でも組立PC リッチは使いすぎですね。というか他の商品への購買が少なくて、これではオタクではないか?
多分80/20でなく、オタクの場合は90/10とか95/5とかなのかと思います。
[PR]
# by maida01 | 2004-08-25 18:54 | これからのビジネスとIT

いよいよ電子出版の有効なビジネスモデル?

Hotwiredからオンライン出版、成功の鍵は「PDFファイルでのタイムリーな刊行」
アメリカのアダム・エングスト氏が収益をあげられる電子書籍の有効なビジネスモデルに行き着いたそうです。

一日一喝の並河先生と以前TBを飛ばしあった出版流通さらに続きが実現したのか?

但し、記事を読む限り、PDFとか価格は5ドルか10ドル、無料アップデート、できれいに印刷できるようデザイン、タイムリーに出版などで、

書籍の著者たちが大儲けすることはなさそうだが、新興のネット出版社には、これが有効な手本になるのではないか


となっています。日本語のサイトも見ましたが、良く判りません。購入しないとダメかな?
もっと勉強してみます。

面白い世界になってきたかな?

過去の記事
日本の商売の形態を改善するアイデアはないか?
出版流通さらに続き
[PR]
# by maida01 | 2004-08-24 20:04 | これからのビジネスとIT

藤田田さんの力が失せる?

”日本トイザらスの7月中間、上場以来初の経常赤字”
http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20040822AT2E2000X20082004.html
だそうです。

”日本マクドナルドの中間期は大幅増益、既存店売上が回復”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040803-00000220-reu-bus_all
というのもある。藤田田さんの神通力も、もう関係ないのですかね。


私が7年ほど前に勤務した会社も藤田商店の資本が50%入った、アメリカのレンタルビデオチェーンでした。私が入社した時は既に藤田商店は経営にはタッチせず、アメリカ主導になっていました。アメリカ本社の対応も悪く、日本人社長は辞めてしまい、社長不在の時期があったりとか大変な会社でした。
この会社では既に藤田さんの神通力は無くなっていたようです。

この会社は私の入社後2年で日本から撤退してしまいました。藤田田さんの始めての失敗策かと思っています。

アメリカ企業は割り切った判断をしますから、数年赤字が続くと、日本から撤退になる可能性も高いです。マクドナルドやトイザらスのどうなっていくか注目です。

企業として存続して行くには、社員を育成して後継者となる経営者を育てていくことが大切ですね。藤田さんのような素晴らしい経営者でも後継者を育てることは難しいのでしょうね。


私が勤務していた会社で、創業以来7年の懸案と言われた、店舗POSからのレシート出力をソフト的には解決出来ましたが、プリンターの不足で全面的に採用できませんでした。
これは藤田商店が会社立上時に経費をケチったためでした。プリンターの導入数が少なく、ソフト的解決が出来たときには、パソコンが古くなってしまい、使えるプリンターがなくなってしまったのです。POSソフトが古い機種でしか動かず、機器への投資もままならず、初期の投資が最後まで尾を引きました。


初期投資の判断、IT投資なども含めて、経営者の判断、後継者の育成など経営者は大変です。
[PR]
# by maida01 | 2004-08-22 19:36 | 日本が壊れていく

米国飼料業界はBSE感染リスクの認識が甘い

農業情報研究所(WAPIC)から米国飼料業界、排除特定危険部位は脳と脊髄に限れ FDA交差汚染防止案に反対の記事

全米穀物飼料協会(NGFA)が16日、食品医薬局(FDA)に対し、米国におけるBSE発生状況を知るための農務省(USDA)拡充検査計画の結果が出るまで飼料規制の変更は慎重であるべきだと勧告した。

日本の農業情報研究所によると、米国業界はまだまだ甘いUSDAとFDAの提案した飼料規制にも反対しているそうです。

農業情報研究所によると、
少なくともBSE発生が否定できない国や地域では、動物蛋白質の飼料への利用を全面禁止しなかぎりBSE感染は防げないないというのが現在の国際的認識だ

との意見です。

殆ど引用になってしまうようです。もとの農業情報研究所の記事を参照下さい。


以前からclairvoyant1000さんの日本の全頭検査の無意味さのご指摘は、農業情報研究所のレポートで良く理解出来ました。
消費者の自立
全頭検査はなんだったのか?


しかし、問題は米国の対応にもあるようです。私が前にまとめた文章から、農業情報研究所、また田中宇さんのWebもご覧下さい。下記で良く理解できると思います。
BSE問題のまとめ


日本の新聞はアテネばかりですね。何だか大切な記事を逃しそうです。

農業情報研究所の今回の記事は”はてなアンテナ”に登録していて気が付きました。便利なツールです。

ITを有効に使いたいですね。ITのおかげで今では世界中の情報が入手可能です。取捨選択の技術が必要なようですが。
[PR]
# by maida01 | 2004-08-18 22:57 | 日本が壊れていく

またもや個人情報漏えい。今度はDCカード

本質を考えなきゃ:情報漏えい対策を書いたばかりなのに、またもや<個人情報流出>DCカード会員48万人分

DCカードから2001年10月のDM作成のための48万人分の会員情報だそうです。今回は
氏名、性別、生年月日、郵便番号、住所、電話番号とカード番号、利用金額が流出した可能

だそうです。電話番号、カード番号、利用金額が入っているので、嫌がるお客は多いでしょうね。

そして、相変わらず
対象者約48万人には謝罪文と500円分の金券を送り、新しいカードも発行する。同社の対応費用は5億円に上るとみられる・・・・・・・
流出原因は特定できていないが、同社は「社内で漏れた可能性が高い」とみている

とのことです。

こうなると、情報漏えい防止のコンサルが儲かりそうですね。商売になりそうですね。

ここで情報漏えい講座でもやると受けるのかな?
[PR]
# by maida01 | 2004-08-17 23:23 | これからのビジネスとIT

本質を考えなきゃ:情報漏えい対策

夕刊フジBlogで情報漏洩対策は「外」から「内」の時代へと言う記事を発見

どこから入手した情報なのか?

最近の情報漏洩はほとんどが内部犯。いままでの対策システムは無意味だったのだ

これは10年以上前から言われています。情報漏えいの7割から8割は内部犯行で、随分前からアメリカではホワイトカラー・クライム呼ばれる犯罪です。私のBlogで前から言っていますし、これはセキュリティの世界では常識のはずです。

主な方式は、(1)パソコンにロックをかける(USBキーなどを使う)(2)データを暗号化する(閲覧権や印刷権を1人ずつ細かく設定する)(3)メールやウェブの検閲を制限する(添付ファイルの禁止や本文、書き込み内容をチェックする)(4)パソコンに操作記録ツールを入れる(5)コピー時に操作権限を制限する

違いように思う。システムパッケージ屋に騙されています。確かにこう言うパッケージが効く部分もあるでしょうが、本質ではない。パソコンにロックしたって、暗号化したって、コピー制限だって正式なユーザが使っているんだからダメ。操作記録だけ少々良いけれど、パソコン全ての操作記録を取っても、お金の無駄遣い。重要情報だけで良いです。

そこで提案。まずは、あなたがムードメーカーになってルールを守る雰囲気を作ってみよう。ムードを作れば、意外にすんなり受け入れられるものだ。

これも違うと思う。

印鑑の仕組みと同じです。牽制機能が必要です。情報へのアクセスには必ず自分のIDでログオン(個人を特定できるようにする)、重要な情報にアクセス・修正を加えたときにはログを残し、誰がどの情報にアクセス・修正したかを記録する、そしてこれをレポートで定期的に確認する。そして、個人を識別できるログを定期的に確認していることを全社員に明言することです。

これ以前に、当然、情報の分類、アクセス制御、個人ID、外部からの攻撃への対抗、ビールス対策などは必要です。

印鑑などの古くからある仕組みにも意味があります。単に、課長・部長の仕事を残しているわけではありません。但し、この印鑑という仕組みに欠陥があり、担当者と上長が組むと役に立たなくなります。

情報漏えい防止には、これに対抗する仕掛けが必要です。


人間の行動と仕組みを素直に考えていけば、対応策は出来あがります。それと何でも穴はあるので、常なる対応策の見直しも必要です。犯罪者の方が常に先を行っているのは確かですから、穴を常に探してきます。突かれた穴を常にふさいで行く作業が必要です。常なるPDCAです。何事も進歩していきます。
[PR]
# by maida01 | 2004-08-16 22:45 | これからのビジネスとIT

老人の街になっていく旧新興住宅街

このお盆休みに女房の実家に泊まった。

両親はそろそろ80歳と言う歳だが、まだ元気だ。柏から2つほどの駅から10分程度の30年ぐらい前の新興住宅街の中の家だ。駅までもまあまあの距離、柏も近く、今では常磐自動車道路 流山インターから直ぐで便利な場所です。

3年ほど前に町内会が夏の盆踊りを中止した。理由が、町内が年寄りばかりで、子供も少なく、盆踊りが開催できないとのこと。

町内には60歳代と80歳代ばかりだそうだ。町内でなにかをやっても運営していけないそうだ。最近でも若い人が引っ越してくるようだが、数が少ない。

女房の弟は仕事の関係で北関東に在住で、その後も奥さんの実家の面倒を見ると思われる。

堺屋太一さんの平成三十年の木下和夫の両親の元ニュータウンを目の当りにしたようだ。

どうなっていくのか元ニュータウン。これは何かのビジネスチャンスになるのか?
[PR]
# by maida01 | 2004-08-16 19:40 | 日本が壊れていく